1. まとめトップ

ほとんどの不調はのどが原因!?上咽頭炎のセルフケア7項目まとめてみた

のどや鼻つまり、目や頭が痛い、肩こり、耳が詰まった感じが続く。それ、もしかして「上咽頭炎」では!?

更新日: 2019年06月17日

6 お気に入り 4173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

自分もある時期から、朝起きると鼻と耳がつまって頭がガンガンする、起きたら起きたで喉の奥がネバついた感じ、肩こり、寝辛いことによる不調、集中力の低下、虫歯じゃないのに歯が痛いなどがあり、今回改めてまとめてみました。

▼上咽頭炎になった場合どんな症状が出るの?(二次的な症状含む)

たびたびのどが痛くなる(のどが弱い)
・鼻の奥の違和感、乾燥感
・粘っこいものが、鼻とのどの間にはり付く
・鼻がのどに下りる(後鼻漏)
・痰がからみやすい、咳払いが多い
・のどの違和感、つまった感じ
・声が出しにくい
・鼻の奥がにおう、口臭
・のどの不調に伴う首のこり、肩こり、頭痛、頭重感
・耳閉感(耳がつまった感じ)
・IgA腎症と診断され、尿潜血が続いている

・舌痛
・歯の知覚過敏、多歯痛
・顎関節痛
・自律神経系の乱れを介した症状では全身倦怠感
・めまい
・睡眠障害(不眠・過眠)
・起立性調節障害
・記憶力、集中力の低下
・過敏性腸症候群(下痢・腹痛など)
・機能性胃腸症(胃もたれ、胃痛など)
・むずむず脚症候群(脚の深部にむずむず、ジリジリ)
・慢性疲労症候群(原因の分からない極度の疲労感が、長期間続く病気)
・線維筋痛症(全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むこと)など。

▼上咽頭炎になる主な原因は?

①細菌やウイルス感染
②体の冷え
③疲労
④ストレス
⑤空気の乾燥
⑥鼻閉を起こす疾患(アレルギー性鼻炎など)
⑦後鼻漏を起こす疾患(副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など)の影響
⑧逆流性食道炎

上咽頭というのは鼻と喉の間のあたりで、じつは免疫の最前線です。
ここが慢性的に炎症を起こしている人が実は意外に多いようです。

▼お医者さんに行ったら治してくれそうだけど…

時間もないし、お金もないし…なんとかならない?

そんなあなたのために、とりあえず自分で行えるセルフケアを今回まとめました!

※ただし、あまりにひどい場合はなるべく早く病院での診察治療を受けることをお勧めします。

セルフケア①▼体を冷やさない

体の冷え(とくに首の冷え)により、自律神経のバランスが悪くなり、免疫力低下にもつながります。

首の後ろに湯たんぽを当てて上咽頭の血流を改善しましょう。

また、最近シャワーだけで済ませている場合は体を洗う前に15分程度、入浴剤の入ったお風呂に浸かりましょう。

〜美容のためのメモ〜
※水道水には塩素が混じっているのでそのまま入るのは、お肌にあまりよくありません。
※お湯に浸かるだけでも余分なものがとれています。
お風呂で出してから体を洗った方が、シャンプーなどの量も少なく短時間で済みます。
※とはいえ、浸かりすぎるとお肌に必要な成分まで出し切ってしまうので、お風呂に浸かる時間は15分以内で!

セルフケア②▼喉の乾きを定期的に潤す

この場合の水分はお茶でもよいですが、カフェインを含むお茶は利尿作用があり、かえって口の乾き感が増すことがあるので、水が最もよいでしょう。

セルフケア③▼体(ノド)にいい食生活をする

➕喉にいい食べ物➕

・ねぎ
・しょうが
・大根
・蓮根
・梨
・きんかん
・ゆず
・黒豆

(1)喉の殺菌や抗菌を促してくれる
(2)炎症を抑える効果がある
(3)保湿・保温効果がある
などの働きをしてくれます。

➕喉の痛みに効く飲み物➕

・はちみつ
・カモミールのハーブティー(ノンカフェイン)

喉を潤わせ、保湿につながるという点で飲み物も効果的に摂取したい。

❌喉に悪い飲食物❌

「刺激物」
唐辛子、辛子、わさび、マスタード
辛い物はさらに喉の炎症を悪化させてしまうため、お勧めできません。

「炭酸水やアルコール」
炭酸水やアルコールも喉を刺激します。

セルフケア④▼口呼吸より、鼻呼吸を!

舌の先を上あごに押し当てたり、睡眠時に「口テープ」を貼るなどして、鼻呼吸を習慣づけましょう。

1 2