1. まとめトップ

【今すぐ実践!】簡単節約術

簡単にはじめられる身近な節約術をまとめました。

更新日: 2019年06月18日

4 お気に入り 2018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rosetta178さん

■ガス代の節約方法

◉都市ガスに変更する
都市ガス事業者は公共事業と同じ立ち位置にあり、価格は安め。対してLPガスは一般の会社の立ち位置で、価格は自由に設定され、都市ガスより割高です。都市ガスは道路の下に埋められているガス管から、LPガスは定期的にガスボンベを配送・交換し、ガスを供給します。

<その他ガス代の節約方法>

◉給湯機はこまめに切る

◉給油温度を下げる

◉設定温度は用途によってこまめに変える

◉お風呂は保温シートで蓋をする

◉連続して入浴して追い焚き回数を減らす

◉調理の際は落し蓋を利用する

◉炎は鍋底からはみ出ないようにする

◉鍋底の水滴は拭き取ってから火にかける

◉大きな鍋底の鍋を使って火にかかる面積を増やす

■スマホの節約方法

格安スマホへの変更
大手キャリアから格安スマホへの変更は、大きな節約効果になります。大手キャリアでWi-Fiや固定電話、メール、決済などを利用している場合には、割引サービスやメールアドレスが使えなくなるため、家族で相談してからの変更となるでしょう。

オプション料金の見直し
1つ1つは低額でも、家族でまとめると結構な額になります。毎月の基本料の上乗せになっているため、割引条件期間が過ぎているもの、ほとんど利用していないものを見直して節約しましょう。

料金プランの見直し
家族がどういった使い方をしているかを確認し、それぞれにあったプランに変更しましょう。

Wi-Fi環境を利用する
Wi-Fi環境でダウンロードや動画コンテンツの閲覧をする分には、スマホ自体のパケット利用にはなりません。家の中でWi-Fi環境を整えたり、外出時はWi-Fiスポットを利用したりするなどして、データ容量の追加料金を抑えましょう。

■水道代の節約方法

◉シャワーヘッド、蛇口を交換するだけで節水
シャワーヘッドの交換は工具要らずで簡単に取り付けが可能です。価格は1000円〜1万円と幅広く「30%の節水が可能」との商品もあります。同様に、キッチン等の蛇口を交換することで節水できる商品もあります。

◉節水コマを使う
蛇口のハンドル部分を取り外し、中にコマのような部品を入れるだけで、5〜10%の節水が可能。節水コマは各地域の水道局で無料配布されていることも多く、ホームセンターで購入しても100円程度です。

◉風呂の残り湯を洗濯に使う

◉節水効果のある食洗機を使う

◉食器はまとめて一度に洗う

◉頑固な油汚れはスポンジで洗う前にキッチンペーパーを使う

◉トイレの大小のレバーを使い分ける

■美容にかかるお金の節約方法

簡単ダイエット
スロージョギングなら、初期投資はジョギングシューズだけ。週に3回のスロージョギングで、ダイエット食品やジムの会費が節約できます。

アプリで美容院予約
行きつけの美容院が登録されているなら、電話ではなく、アプリで予約を入れましょう。ポイントが貯められるほか、アプリ専用のサービスも受けられます。予約状況も一目瞭然ですので、ストレスフリーです。

手作り&プチプラ化粧水
化粧品代を節約したいときは、手作り化粧品や惜しみなくバシャバシャ使えるプチプラ化粧水を利用してみましょう。ただ肌に合わないと、医療費がかさんで逆効果になることもあるので、注意が必要です。肌の弱い方は、皮膚科で化粧水を処方してもらうのも節約になるかもしれませんね。

禁煙
タバコは美容の大敵だといわれます。やめるまでは大変ですが、節約効果と美容効果は見逃せません。禁煙外来の利用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

■クレジットカード代の節約方法

ポイント還元に惑わされない
クレジットカードのポイントを貯めるために、何でもかんでもカードで支払うのは危険です。使いすぎを防ぐためにも、支払うことが決まっている固定費(光熱費やスマホ料金、保険など)での利用など、賢くクレジットカードを使いましょう。

リボ払いを完済
リボルビング払いは、毎月の支払金額が一定になる一方で、無駄な手数料を払い続けることになります。まずは、完済することが節約への第一歩です。

☆節約できる人は「お金の使い方を考える」人

節約とは「お金の使い道を考える」ということです。
節約しようと思い立ったあなたはきっと「浮いたお金を貯金に回したい」「もっと自由に使えるお金を増やしたい」と前向きに考えていたはずです。しかし、節約のテクニックを見て、節約生活を実行していくうちに、「節約しなければいけない」と義務感に変わってしまいます。
それはとても良い心がけですが、前向きな気持ちがなければ長続きはしません。長続きしないと、せっかく買った節約グッズなども、元を取ることなく終わってしまいます。
節約で浮かせたお金をどう使うか、前向きに取り組むことが節約を長続きさせるコツです。

1