1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

池松壮亮が蒼井優に求婚『宮本から君へ』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)5作品のまとめ。池松壮亮×蒼井優『宮本から君へ』、樹木希林『命みじかし、恋せよ乙女』、松岡茉優×松坂桃李『蜜蜂と遠雷』、野村周平『WALKING MAN』、搗宮姫奈×花影香音『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』。

更新日: 2019年07月16日

9 お気に入り 8521 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『命みじかし、恋せよ乙女』(8月16日公開)

『わが母の記』『万引き家族』などの樹木希林の海外デビュー作となったヒューマンドラマ。

これまでにも日本を舞台にした作品を手がけてきたドイツ出身のドーリス・デリエ監督が、孤独なドイツ人男性と、男の父親と親交のあった日本人女性が、人生を取り戻すためにともに旅する姿を描いた。

『愛の臨界』などのゴロ・オイラーとフィジカルシアターアーティストの入月絢が主演を務める。

予告編は、茅ヶ崎館へやって来たカールを女将が笑顔で迎え入れるシーンから始まる。

女将が「あなた生きてるんだから、幸せになんなきゃ駄目ね」と言う場面や、スノードームを見つめる様子も切り取られた。

予告編の最後には、監督・ドーリス・デリエさんから、当作に出演した樹木希林さんについてのコメントが映し出される。

◆『宮本から君へ』(9月27日公開)

新井英樹の同名コミックを原作に、池松壮亮が主演を務めるテレビドラマの劇場版。

社会で生きていく意味を見出せない未熟な文具メーカーの若手営業マン・宮本浩(池松)が、失敗を重ねながら、がむしゃらに突き進む姿を描くヒューマンドラマ。

ドラマでは宮本のサラリーマンとしての日々に焦点があてられたが、劇場版では、宮本とヒロインの中野靖子を中心に繰り広げられる“極限の人間賛歌”が描かれる。靖子役はドラマに引き続き、蒼井優が務める。

映像は、「2人で結婚しよう! 結婚! 結婚! 結婚!」と迫る宮本に対して、靖子が激しい剣幕で「やかましいっ!」と一喝する光景からスタート。

靖子の心に棲みつく元恋人・裕二(井浦新)から「靖子が妊娠した。父親は俺か、お前」という衝撃的な出来事を告げられ、靖子から強烈なビンタをくらっても、何度も、何度も、困難に立ち向かっていく宮本。

また、原作で二人に衝撃的な運命をもたらす真淵拓馬(一之瀬ワタル)の姿も映し出される。

◆『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)

「映像化は不可能」と言われた恩田陸による同名小説を映画化。国際ピアノコンクールを舞台に、4人の若きピアニストたちの葛藤と成長を描く物語。

映画『愚行録』で2017年日本映画プロフェッショナル大賞の新人監督賞を受賞した石川慶が監督と脚本を手掛ける。

母の死をきっかけに突如音楽の世界から消えるも、再起を目指し戻ってきた元天才少女・栄伝亜夜を松岡が演じる。最後のチャンスと決意してコンクールに挑む高島明石役を松坂桃李。

人気と実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・C・レヴィ・アナトール役を森崎ウィン(PRIZMAX)、コンクールに波乱を巻き起こす謎の少年・風間塵役を鈴鹿央士が務めた。

約30秒の特報には、魂を込めてピアノに向かう4人の姿が。一方で、ピアノから離れた普段の彼らの表情も捉えられている。

「復活の神童」「不屈の努力家」「信念の貴公子」「祝福の異端児」というそれぞれのキャッチコピーが、セリフと共にテンポよく映し出され、想いを胸に、生命と魂を懸けた戦いに挑む姿が描かれている。

予告編も解禁された

1 2