1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼毎日の食卓に欠かせない「卵」

健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材を「完全栄養食」と言いますが、卵もこのひとつ。ビタミンCと食物繊維以外を含むため、バランスのよい食事を構成していく上で欠かせない食材

▼でも買う時にちょっと気になることがある…それは「卵の色」

スーパーなどの店頭にならんでいる様々な種類のたまごを選ぶ時、何を基準にして選んでいますか?賞味期限はもちろんですが「たまごの殻の色」で選ぶ、という人も多いのではでしょうか?

卵は赤玉派だったけど売り切れていたため白玉にしちゃった

▼でもね「赤の方がおいしい!」ってわけでもないみたい!

赤玉の方が値段が高いので栄養が高いと思われているようですが、栄養価に差はありません。値段の差は、赤玉を産む鶏の方が体が大きく餌をよく食べる、産卵の個数が少ないなどが理由にあげられます

一般に白い卵を産むのは羽が白・淡色で耳たぶも白い鶏、
茶色の卵を産むのは羽が赤茶・黒で耳たぶが赤い鶏

▼値段が安い卵に高い卵…これはどう違うの?

消費者が「赤玉は白玉よりちょっと高級」と勝手に誤解してくれているから、その誤解に合わせて高く値段をつけているだけ。

味が変わる大きなポイントはニワトリが育つときの餌です。諸説ありますが、とうもろこしを餌とするニワトリの卵がもっともおいしい

寒い時期は、おでんや鍋といったメニューで卵の需要が増えるため、相場は上昇、値段が高くなります。夏は食欲が落ちたり、生で食べることを敬遠するため需要が落ち、相場は下向きとなり、値段が安くなる傾向に。ですから、安いといって品質が劣ることはありません

▼中でも一番気になるのがサイズ!

一番小さい物はSS(40g〜46g未満)、一番大きいものはLL(70g〜76g未満)と日本卵業協会により、定義づけされている

あー近所のスーパーで卵が安いけど、フリーサイズだー Lパックの特売まだかよー 買っちゃおうか迷うなあー

1 2