マグナ(1988~1993) 初代は1985年からミツビシ・モーターズ・オーストラリアで生産が開始され、日本へは1988~93年までステーションワゴンのみ輸入されていた。ベースはギャランΣ。3ナンバーで余裕たっぷりの室内空間が売りだが、かなりのマイナー車。(COBBY) pic.twitter.com/HANJknhiIJ

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

麗しい輝きを放つ三菱・マグナはオーストラリアを中心に活躍していた

オーストラリアに構えていた三菱自動車は、現地で展開する独自の車を開発した。それはマグナという名前があり、形状はセダン車やステーションワゴンがあって、日本にも輸出された実績を持つ。

このまとめを見る