1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
2 お気に入り 8644 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼関ジャニ∞に所属している

2002年に関ジャニ∞が結成され、2004年9月22日、「浪花いろは節」でCDデビュー。

音楽活動に積極的で、特にギターが得意。ステージ上でもその腕前を存分に発揮している。

関ジャニ∞の結成に安田は必要不可欠だった

しかし、あるときから仕事が一切なくなってしまう。高校も1年で退学し、大阪でただ遊んで過ごしていたそうだ。そんなとき、テレビを観ると、安田と丸山隆平が歌う姿が目に入り、「辞めよう」と決意。

すると、安田から「お前が俺らのこと観てたかもしれへんけど、俺らもお前のこと観てたし、もうちょい頑張れよ」と励まされ、退所を思いとどまったという。

またこの人の加入にもかかわっていた

ドラムを担当していたメンバーがグループを辞め、安田がジャニー喜多川へ大倉を推薦。ジャニーから大倉へ声が。

「いろんなドラマーのビデオとかを見て、ガムシャラにやってたらかっこよく見えるんじゃないかっていうので、リハで首とかガンガン全力でやってたら、ジャニーさんから『いいよ。1人で行こう』ってなって。それでですかね、関ジャニ∞結成って正式になったのは」と大倉のグループ加入の秘話を語った。

関ジャニ∞、大倉は「リズム感がいいからドラマーとして グループに入れてほしい」と丸山と安田が 社長に頼んだため、関ジャニ∞の加入が決まったらしい。

▼V6のメンバーである

「木更津キャッツアイ」のドラマ版(02)&劇場版(03、06)や、映画「COSMIC RESCUE」(03)、「東京タワー」(04)などに出演する。その後も「タイガー&ドラゴン」(05)、「SP 警視庁警備部警護課第四係」(07)といった話題作で活躍。

2015年に日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞・最優秀助演男優賞の2冠に輝くなど、現在ではジャニーズ屈指の演技派として映画界でも活躍している。

「おしゃれイズム」に出演

上田から「ジャニーズになりたかったのか?」と質問されると、「なりたくなかったって言ったら語弊がありますけど、あまり興味はなかった」と応じる。岡田が14歳のときに母親が勝手に応募したのだという。

オーディションでは歌などの審査があったが、まったくレッスンなどは受けずに参加したそうで、岡田は「THE BOOMさんの『berangkat(ブランカ)』って曲を歌って間違えた。それで『間違えた子』って印象に残って受かった」と説明。

@ruri_umi えぇー、知らなかった!!わたし、ライトなTHE BOOMファンなのかなぁ、買い忘れてるガンガのアルバムあったし 私、岡田准一くん、それほど興味ないからなぁ。 あ、そういや、堤真一目当てで行ったSPのエキストラで岡田くんいたんだよ。 岡田くんのファンが回りでわいてたわ

さっきおしゃれイズムで言ってたけど、岡田准一って『元気が出るテレビ』の時のオーディションでTHE BOOMの「berangkat-ブランカ-」歌ったんだ。知らんかった。

またこんな話も・・・

当時、14歳の岡田に対し、長野は22歳。「やさしかった。初めてしゃべりかけてくれたのも食の話。『親子丼食べる?』だった」と当時を懐かしそうに振りかえった。

1 2