1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

夏のボーナスの使い道は?…やはり貯金が1位になる理由

夏のボーナスの使い道に貯金が1位になる理由はやはり将来のためですよね。そんな当たり前のことをあえてまとめることで誰かの何かの役に立てれば…。

更新日: 2019年06月20日

13 お気に入り 25276 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・今年の夏のボーナス「増額企業は減少」との調査が

エン・ジャパンの調査によると、従業員数300人未満の中小企業において今夏賞与は81%で支給し、IT関連・商社・金融を中心に3割程度の企業で増額する予定となっていることが分かった。

「増額を予定」と答えた企業の割合は2018年からダウンし、「減額を予定」という企業が2倍になったとのことです。

増額する予定の企業の場合、増額幅は「1~3%未満」が最多で、理由は「業績好調」や「社員の意欲向上」が上位でした。

一方、「減額予定」と答えた企業の減額割合では、「3~5%未満」が最も多く16%、ついで「1~3%未満」が13%、「7~10%未満」と「15%以上」がともに11%、「5~7%未満」と「10~15%未満」がともに7%などとなっている。

・一方で平均支給額はほぼ変わらずという結果に

2019年夏のボーナス、税込み支給額の平均は85万815円。前年夏比0.05%でした。前年比プラスは7年連続とのことですが、0.05%増とは、ほぼ変わらずといったところです。

ただ、金額的にはリーマンショック前の2007年の83万7036円を超えており、上昇傾向にはあるようです。

経団連は11日、2019年夏の賞与の1次集計結果を発表した。大手企業の平均妥結額は97万1777円だった。90万円の大台を上回るのは5年連続となった。

ただ、回答企業の前期比では2・52%減。ベースアップを優先して、夏の賞与の企業側への要求を下げる動きが一部で見られた。

・ボーナス、ありがとう

もう貯金が3桁の大台に乗りそうで嬉しい ボーナス最高

今月は旦那の人生初のボーナス月!!! 今まで薄給ボーナス無しの会社に勤めてたから思い切って転職した旦那(^^) おかげで第二子産もうって考えられたしマイホーム考えちゃう?なんて夢の有る話出来るようになったし、貯金はないけど毎日楽しく暮らせるようになった! 日々感謝✨

・ところで、夏のボーナスは何に使っている?

今年の夏のボーナスを予想してもらったところ、「約2ヶ月分」が最も多く、次いで「約1ヶ月分」、「約3ヶ月分」という結果に。

使い道については、1位「貯金」、2位「買い物」、3位「ローンの返済」、4位「旅行」、5位「その他」、6位「引越し」の順となった、

ボーナスが入ったら贅沢をするか聞いたところ、「必ずする」という人は男性で11.8%だったものの、女性では24.6%いた。

また誰に使うかという問いについては「自分」(男性:41.6%、女性:60.8%)が男女ともに1位となった。

・Twitterにみる貯金する理由

▼当然将来のためだよな

ボーナス入っててにやける 貯金するぞ〜 将来の資産形成考えた 積立定期と積立投信と財形とムリなく 増やしてこおお

ボーナス入って、マイホーム貯金も目標額貯まったからそろそろお家探しが始まる!

・家族にかかるお金を考えて

今育休1年目で給付金を貰いながら住民税が20万。来年は給付金なしで払って行かなきゃいけない。ってことを旦那に話したら、どうするの?俺の給料とかボーナスあてにしないでよ?って。貯金崩して払えばいい?って聞いたら、これから娘に金掛かるのに崩してどうなるの?って。

どうやら今年の夏ボーナスは、かなり良い勤務評定とインセンティブで思ってたより多いみたいです。 でも、息子の進学費用に丸々貯金かな(笑

・年金が…。

厚生年金ってマジでめちゃ引かれる、、、辛い。。。ボーナスからも引いてくるなんて会社も半分負担してるから倍は払ってるはずなのにあと2000万貯金しなといけないとは、、、年金はどこかの保険会社に任せて1口からかけれる任意保険にするのはどうでしょうか、、もう一度言います。[厚生年金高すぎる]

1 2