1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

タピオカの次に来るぞ…ネットをざわつかせてる「神フード」たち!

もはや社会現象…人気が衰えない「タピオカ」ブーム!しかしその裏で様々な食物が流行していた!?「チーズティー」に「フルーツインティー」、「日本茶ミルクティー」がすでにハンパない人気!そして知られざる「〇〇ドッグ」も話題に…一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!

更新日: 2019年06月20日

73 お気に入り 136381 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

もうタピ活は古い!?今年ブレイク間違い無さそうな食べ物を抑えたい!

critical_phyさん

◎賛否両論が止まらないタピオカブーム…しかしもうすでに次の流行がきてる!?

▶中毒性が高い…「チーズティー」が女子を中心に大人気!

「タピオカドリンクブームはいつまで続く?」、「次のドリンクのトレンドは何?」といった声が早くもささやかれ始めています。そこで、“ポストタピオカ”として注目を集めているのが「チーズティー」です。

チーズティーは、ウーロン茶や台湾茶、紅茶などのお茶の上にフワフワなチーズクリーム(基本的にクリームチーズ、ミルク、生クリームなどで作られている)を乗せた飲み物。発祥は中国と言われており、そこからアジアやアメリカなどへ広まっている。

想像し難い風味は、口にするまでのお楽しみ。飲むというよりは、デザート感覚で「食べる台湾茶」といったところですね。

最近人気(?)流行り(?)の、チーズティー。 田舎だと中々飲めないので作ってみた タピオカの次に来るとか言われてるけど本当⁉ ベースは紅茶と烏龍茶。 #コッタ #チーズティー pic.twitter.com/wAqr8BO4NS

▶すでに爆売れしまくっています…「フルーツインティー」の映えぶりがやばい!

ローソンは、昨年から「リプトン」と「マチカフェ」のコラボレーション商品を発売しており、昨夏に販売した第1弾「MACHI cafe Lipton フルーツインティー」は、当初2週間を予定していた数量がわずか2日間で出荷終了。

3度目の数量限定再販売が行われることを受け、ツイッターには「今年は飲めるかなー 休むか」、「3度目のチャレンジ!」などの意気込みが続々。

「リプトン」が手掛ける「Fruits in Tea TEA MORE OMOTESANDO」が今年もZero Base表参道に、6月28日(金)~9月6日(金)までの期間限定でオープン!

これは嬉しいお知らせ!

ローソンのフルーツインティーは紅茶と専用カップをセパレートで買いやすいので自転車通勤組にとても優しい。 こぼす心配がないのは大きいよね。 pic.twitter.com/MRkVkuOqo7

メンタル回復にローソン寄ってフルーツインティー買ってきた⸜( •⌄• )⸝ やっぱ甘いものおいし〜心と体が癒されるね pic.twitter.com/J1vhVKcGe6

▶毎日飲みたいやつだ…「日本茶ミルクティー」が大反響の模様!

2019年3月に、新宿にオープンして早くも話題の「日本茶ミルクティー専門店OCHABA」!このお店は、日本茶を専門に扱っており、日本茶の新たな魅力を感じることができます。

「日本茶ロイヤルミルクティー」は、日本茶の美味しさを全て引き出せるよう、茶葉を開かせた後に、ミルクでじっくり煮出したもの。日本茶の旨味がすべて入っています。

飲み進めると黒蜜わらび餅も太いストローから口に吸いこまれる。丸い形で、見た目的にはタピオカと瓜二つだ。柔らかく、少し軽さも感じるミルクティーの甘さに対し、瞬発的で重さの感じる落ち着いた甘み。コンビ力の高さは富士山に匹敵する。

わらび餅がもちもちして美味しいんです!

日本茶ミルクティー専門店にきた〜〜! 緑茶ロイヤルミルクティー 黒糖わらび餅おいしい( ˘ω˘ ) pic.twitter.com/CqUyRqKb7c

気になってた日本茶専門店の!玄米茶ミルクティー!おいちい!タピオカでなく黒蜜なんたら餅もっちもち! pic.twitter.com/4HnYV3XUWl

これから新宿に行く皆さん… 日本茶ミルクティー専門店がオススメです。 緑茶や玄米茶ロイヤルミルクティーにタピオカの代わりに黒蜜わらび餅が入って美味!!✨ pic.twitter.com/y7KyWLJ1kD

▶これが最先端…原宿では「だし巻きドッグ」が人気を集めまくっている!

キャットストリートの裏道に、素通りできないまっ黄色のキッチンカーが登場した。車内に掲げられているのは寿司屋を彷彿とさせる木製のメニュー。“プレーン、明太子、チーズ、九条ねぎ、岩海苔、とびっこ”の6種類。ここで提供しているのは「だし巻きドッグ」。

新鮮な卵に毎朝取るだしを合わせ、注文ごとに卵を焼いて……と、コンセプトのみならず味の面も抜かりなし。そのままかじりつけば熱々のだし巻き卵とパンのハーモニーに驚かされるし、後半はカウンターにあるシラチャーソースをかけて〝味変〟を楽しんでみても。

一発屋では終わらない魅力を秘めた食べ物だった。ホットドッグの具材がウィンナーでなく出汁巻き玉子になっているというインパクトを持ちつつ、うどん専門店こだわりの出汁(だし)が効いている本格派なのだ!

1 2