1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

八村塁がNBAに入ることがどれだけ凄いのか数字で説明する

世界最高峰のバスケットボールリーグ「NBA」のドラフトでゴンザガ大学の八村塁選手が日本人として初めて1巡目指名を受けて話題になっています。

更新日: 2019年06月22日

14 お気に入り 127899 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

arroz7さん

八村塁がNBAのウィザーズから指名される快挙!!

6月21日(現地時間20日)にNBAドラフト2019が行われ、ゴンザガ大学に所属する日本代表の八村塁がワシントン・ウィザーズから1巡目全体9位指名を受けた。

おお、八村はウィザーズに指名! そして日本でも速報がきたあああ!! pic.twitter.com/vpO5QkyHwj

八村くんのドラフト一巡目指名、テレビのニュース速報出た!すごいー。バスケの嬉しい話題がニュース速報のテロップで見られるなんて。

うわぁああ!!!八村うわうわうわああああああああぁ!ウィザーズうわあああああああ!!!(語彙力消滅

一体、どれくらい凄いことなのか

八村くんのドラフト一巡目指名の凄さがわからない…いったいどれくらい凄いことなんだろう。

八村塁の一巡目指名のウィザーズってどれくらいやばいん、誰か分かりやすいように例えて

NBAでドラフトから入る、しかも1巡目で入る凄さを分かっとる日本人が少なすぎるな

すごいことはなんとなくわかるけど、八村塁のNBAドラフト一巡目指名がどれくらいすごいことなのかを素人の俺でも理解できるように誰か教えてくれないか?

日本人がNBAのドラフトで指名されるのは38年ぶり2人目

1巡目での指名は日本人史上初の快挙。ドラフトで日本人選手が指名されるのは、1981年にゴールデンステート・ウォリアーズから8巡目171位で指名を受けた岡山恭崇氏以来38年ぶり2人目となる。

NBAドラフト八村選手の前にドラフトで指名された事があるのが岡山恭崇さんだから相当前よなぁ

NBAの日本人のドラフト指名自体は身長230cmのビッグセンター岡山恭崇さんが38年前に指名されているけど、ほぼ交渉もなく契約もしてないので八村塁選手は実質的には初めてのドラフト指名といってもよ良さそう

バスケットボールの競技人口は4億5000万人

世界で最も競技人口が多いスポーツ――それがバスケットボール。FIBA(国際バスケットボール連盟)に登録されている競技者数は、全世界で4億5000万人にものぼる。

最大競技人口を誇るのはサッカーだと思われがちだが、サッカー人口は約2億7000万人にすぎない。

世界一競技人口が多いバスケで、その最高峰NBAのドラフトというたった60人しか選ばれない超狭き門。 1巡目9位でウィザーズから指名 感動して鳥肌が立ちまくってしまったな。いやぁ…本当にすごい pic.twitter.com/HtQsqDeSC8

バスケの競技人口は約4億5,000万人。サッカーは約2億5,000万人。世界最強のNBAで9位氏名の八村塁くんは、バスケのことをなーんも知らない僕でも凄まじいことだと理解できる。 #八村塁 #NBADraft

NBAのチーム数は30。ドラフト指名は2巡目60人まで

アメリカ合衆国とカナダに全30チームがあり、東西2つのカンファレンス、さらにそれぞれ3つのディビジョン(各5チーム)に分かれて、10月から翌年4月までレギュラーシーズン82試合が行われる。

たった60人しか指名されないNBAドラフトで指名されるだけですごいのに9位とか。未だに浸ってる。

世界中のバスケエリートが集まるNBA。 毎年60人しか選ばれないドラフトで日本人がドラフト指名候補に挙がるだけでもすごいのに10位以内でコールされるなんて… インタビューで日本の皆さんに一言って求められて 「日本のみなさん、やりました!」 聞いて泣いた。 日本バスケ界の歴史が変わった。

1 2 3