1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

セレクトセールで5000万円で落札

写真:日本競走馬協会

セレクトセールでの歩様や映像

母はフランスG1・モルニー賞で3着

父は14戦14勝の「怪物」フランケル

セントジェームズパレスS後もフランケルの躍進は止まらず、サセックスSを5馬身差、クイーンエリザベス2世Sを4馬身差で圧勝。古馬になってからもクイーンアンSを11馬身差、英インターナショナルSを7馬身差で大勝するなど、引退するまで一度も土が付くことなく突き進み、2年連続で欧州年度代表馬に選出された。生涯成績は14戦14勝。G1レース9連勝。14戦で2着馬につけた合計着馬身は76馬身1/4。まさに怪物の異名に恥じない現役時代だった。

JRA-VAN

2019年の英オークス(G1 芝約2400m)で、フランケルが種牡馬として初めて英クラシック勝馬を送り出した。G1を制したフランケル産駒には、ドリームキャッスル(Dream Castle)、ウィズアウトパロール(Without Parole)、G1・4勝馬クラックスマン(Cracksman)などがいる。

フランケル2戦目のドンカスター開催、13馬身差圧勝劇。軽く気合いをつけただけでこの加速、「一緒に走る馬が可哀想」とは、この状況。ミルリーフやマルゼンスキーの2歳戦も、凄まじいものがありますが。競馬ファンなら一度でいいから、こんな2歳戦を現地で観てみたいもの twitter.com/AtTheRaces/sta…

なんでタイヘイ牧場さんはこの仔売っちゃったんでしょうね?フランケル牡馬ですよ?まだ日本で後継種牡馬なんてモズアスコットくらいじゃないですかー。血統も悪くないと思うのですけど…種牡馬としての夢をかけるならこの仔ということでしょうか。

生産者は名門タイヘイ牧場

北海道新ひだか町で生産し、生まれた仔馬の離乳後は、青森県八戸市で育てております。八戸市にある本場には、昭和天皇もご宿泊されたことがあり、由緒ある牧場です。八戸市の中心部から車で20分ほどのところにあります。また、国立公園に隣接しており、太平洋を目の当たりにしながら、馬と触れ合うことができます。

写真:BOKUJOB

タイヘイ牧場といえば、創立をたどると太平洋戦争時までさかのぼる必要があり、一時は敷地内で競馬も行われていた名門の御陵牧場である。故大川慶次郎氏の父である大川平三郎氏が創立者であり、その名字の頭「大」と名前の頭「平」を取ってタイヘイ牧場と名づけられた。北海道にも牧場を持っているが、そちらは分場であり、本場は八戸。

写真:青森県観光情報サイト アプティネット

映画「幻の馬」や「父と子」のロケ地。全国の競走馬の最終仕上げの調教牧場なので、騒音は厳禁。鮫角灯台から眺めることができます。

堀宣行厩舎×タイヘイ牧場の実績馬

中央獲得賞金 1億7394万5000円
通算成績 25戦6勝[6-4-4-11]
主な勝鞍 15'サンスポ杯阪神牝馬S
https://www.keibalab.jp/db/horse/2010102841/

写真:JBISサーチ

2015年4月、モーリスが圧倒的な力差でダービー卿チャレンジトロフィーを制し、翌週にはカフェブリリアントで阪神牝馬ステークスに勝利。そしてドゥラメンテが衝撃的な末脚で皐月賞を制したのは記憶に新しい。

評価や馬体診断

意志の強さが瞳に表れていますね。雨に濡れた黒鹿毛も魅力的なフランケル産駒です。 pic.twitter.com/hEMbFUFedD

久しぶりの太陽です! …が、アブが寄ってきて大変そうですね~ 明日からのツアー、よろしくお願いします(トゥアーニーの18・父Frankel) pic.twitter.com/za24vhSPXc

母の初仔でニックス診断も芳しくなかったものの、測尺は充分で説明不要の堀厩舎。顔つきも馬体も良い感じに見えて、募集総額7000万の強気な設定も個人的には納得な感じ。

シルク募集馬見学検討ツアーでの様子

1 2