1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

pinus6_3さん

レモンの栄養

カロリーは100gあたり・・・(全果)54kcal、(果汁)26kcal

主な成分としては、水分、炭水化物、ビタミンA(βカロテン、βクリプトキサンチン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、食物繊維などを含みます。

疲労回復に効果抜群!

レモンの効能に疲労回復があると言われるのは、クエン酸がエネルギーを生成するからです。クエン酸はTCAサイクル(クエン酸回路)と呼ばれる、体内でエネルギーを生産をする働きを活発にして、脂肪や乳酸を分解しエネルギーを生み出します。

ダイエット効果もありますが
ダイエットにクエン酸を摂りいれる場合はクエン酸単体で痩せようとするよりも、運動による疲労回復を促進する目的で取り入れることがダイエット成功へのポイントです。

柑橘類の中でもトップクラスのビタミンC

ビタミンCは代謝に関わっていますし、リモネンなどの香り成分の働きと合わせてリフレッシュ・ストレス軽減などにも効果が期待出来ます。

ビタミンCは抗酸化ビタミンの代表格でもあり、活性酸素による酸化を防ぐことで老化を予防する働きがあります。

豊富な抗酸化力

レモンの果皮には、ポリフェノールのヘスペリジン、エリオシトリンなどの抗酸化作用をもつ成分が豊富です。

酸化は細胞の劣化・機能低下などを引き起こし老化を促進させる要因となることも指摘されていますから、健康・美容両方で嬉しい働きが期待できそうですね。

タイミングには要注意

「レモン」には「ソラレン」という「紫外線に過剰反応しやすい物質」が含まれていることから、「レモン水」の「摂取直後」に外出してしまうと「シミ」ができやすい状態となってしまうため、「朝」に飲むことはおすすめできません。

「レモン水」が「ダイエット」「デトックス」「美肌・美白」への「効果」に優れていることはもちろんのことなのですが、「飲むタイミング」を間違えてしまうと、せっかくの「効果」も台無しに。

1