1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●KHJは、引きこもり悪質業者の実態把握に乗り出すことを決めた

KHJ全国ひきこもり家族会連合会(本部・東京)は23日、自立支援をうたって引きこもりの子どもを自宅から無理やり連れ出し、

法外な料金を請求する悪質業者の実態把握に乗り出すことを決めた。こうした業者は「引き出し屋」と呼ばれ、各地で被害の訴えが相次いでいる。

●NHKでは「トラブル続出 ひきこもり“自立支援”ビジネス」という特集が放送

5月22日には、『クローズアップ現代+』(NHK)で「トラブル続出 ひきこもり“自立支援”ビジネス」という特集が放送

そこでは、ひきこもりの人々を支援する施設で監禁や暴力などのトラブルが頻発しており、さらに高額な契約料を要求されるという実態が伝えられた。

●「引き出し屋」の主な事例

被害に遭った20代の女性が22日(2017年5月)、都内で会見を開き、「アパートに連れ込まれ、逃げようとしたら殴る、蹴る、箸で刺すなどの暴力を受けました」と「引き出し屋」と呼ばれる引きこもりの自立を支援するある団体を訴えた。

Aさんは、もともとひきこもりではありません。たまたま母親と親子ゲンカをして、Aさんが母親に手を上げました。

業者に「それはすぐに解決しなければなりません」と言われ、業者の事務所に出向くと、母親は「お子さんの未来のためです」と7時間ほど説得を受けて、約570万円を支払うことになりました。このお金は、翌日には支払っています。

・団体の職員8人が押し掛け、女性を強引に部屋から連れ出したという

このあと女性が一人でいるタイミングを見計らって団体の職員8人が押し掛け、「お母さんに暴力をふるったよね、来て」「来れば両親と話ができる」などと話し、

そこでは暴力も行われていました。Aさんは、施設から逃げて警察に相談しましたが、警察は施設側の「この人は精神疾患がある。脱走した入居者で虚言癖や自傷癖がある」という言葉を鵜呑みにして、調書を取ることもなく、Aさんはそのまま施設に返されました

●30代男性は「無理やり職員らに連れ出され、施設に閉じ込められた」などと主張

「直撃LIVEグッディ!」のカメラに恐怖を訴えたのは、10年間自宅でいわゆる“引きこもり”の状態だった30代の男性。

彼は「無理やりひきこもり自立支援施設の職員らに連れ出され、施設に閉じ込められた」などと主張し、精神的に大きな苦痛を負ったとして、施設の運営会社に550万円の損害賠償を請求する訴訟を起こしている。

●ネットでは「引き出し屋」の実態に様々な声が上がっている

引き出し屋なんて商売が成り立つ時代なんだな・・・>引きこもりを無理やり連れだし法外な料金を請求 引き出し屋被害相次ぐ - ライブドアニュース buff.ly/2IA8NpS

引きこもりを無理やり連れだし法外な料金を請求 引き出し屋被害相次ぐ #ldnews news.livedoor.com/article/detail… なんでも商売にしちゃうのね。。。

それだけたくさんの強くない人が狙われてる訳なんだね。 引きこもりを無理やり連れだし法外な料金を請求 引き出し屋被害相次ぐ #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

引きこもりを無理やり連れだし法外な料金を請求 引き出し屋被害相次ぐ #ldnews news.livedoor.com/article/detail… 「引き出し屋」とは? j-cast.com/tv/2017/05/232… @jcast_newsさんから なるほど 子が引きこもりなら親が金出すか・・・ まぁでも理由が色々だからそうそう短期で解決できるわけねーな

1 2