1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
6 お気に入り 10240 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが現役引退を発表

I have something very important to announce. After 18 exciting years, the time has come to put an end to my football career. Next Sunday, the 23rd at 10:00AM, local time in Japan, I will have a press conference in Tokyo to explain all the details.See you there. pic.twitter.com/WrKnvRTUIu

J1サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が21日、今シーズン限りでの現役引退を表明した。

■”神の子”と呼ばれたストライカー

欧州の名門クラブで活躍

2001年にアトレチコ・マドリードでプロデビューを果たすと、瞬く間に頭角を現し、19歳の若さでキャプテンを託される存在に。

07年にリヴァプールに移籍すると、加入初年にしてリーグ戦24ゴールを記録するなど大活躍し、世界的ストライカーに成長。

スペイン代表でもW杯制覇などに貢献

19歳でスペイン代表デビューを果たすと、その後はエースとして活躍し、2010南アフリカW杯、2008、2012EURO制覇などに貢献。

■2018年7月にサガン鳥栖へ加入

2018年にアトレティコ・マドリードを退団すると、世界各国からオファーが殺到したが、7月10日に鳥栖への移籍を正式表明。

鳥栖を選んだ理由について「最初に関心を示してくれ、スポーツ面、個人面、文化面でプロジェクトに納得できた」と説明。

J2降格危機に瀕していたチームを救った

/ ここで決めるのがトーレス❗❗❗ \ フェルナンド トーレスが残留に向けて、 値千金の勝ち越しゴールを奪った 明治安田J1第33節 鳥栖×横浜FM DAZN.comで配信中 #時代を変えろ @saganofficial17 #トーレス #F・トーレス pic.twitter.com/OQNLPyXR7b

リーグ戦では17試合3ゴール2アシストを記録し、J2降格危機に瀕していたチームを救った。

■しかし、今季は苦しんでいた

トップフォームからは程遠く…

チームも深刻な得点力不足に陥り、第16節終了時点で4勝1分11敗(8得点・23失点)で最下位に沈んでいる。

■シーズン中に現役引退を決めた理由について

「自分のなかで求めるレベルに到達できていない」

1 2