1. まとめトップ

宮迫博之ら11名が活動休止..吉本興業の“謹慎処分”発表にネット騒然

お笑いコンビ・カラテカの入江慎也の“闇営業”問題を受けて、吉本興業が宮迫博之ら11名の芸人を当面の間、活動休止の謹慎処分とすることを発表

更新日: 2019年06月24日

1 お気に入り 56023 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

お笑いコンビ・カラテカの入江慎也の“闇営業”問題を受けて、吉本興業が宮迫博之ら11名の芸人を当面の間、活動休止の謹慎処分とすることを発表

solmesさん

▼カラテカ入江慎也による“闇営業”問題

【処分】吉本興業、カラテカ入江を解雇「反社会的組織との交流は許さない」 news.livedoor.com/article/detail… 振り込め詐欺グループの“闇営業”を所属タレントに仲介したことが発覚。事実を認めたため契約解除に至ったという。 pic.twitter.com/An50BdGhH5

「フライデー」で報じられた、カラテカ入江慎也の仲介による詐欺グループ忘年会への“闇営業”。

事務所を通さずに、2014年に詐欺グループの忘年会に複数の芸人を紹介したという。

▼詐欺グループ忘年会には多くの人気芸人が参加していた

入江が仲介役となって、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)らに声を掛けた。

▼吉本興業は入江慎也との契約を解消

同社が入江に聞き取りしたところ、入江は相手が振り込め詐偽グループとは知らなかったと説明

仲介の事実を認めたため「所属芸人のブランドを著しく傷つけた」として契約解消に至った

そのほかの芸人たちは反社会集団の忘年会だとは知らずに参加し、さらに「ギャラはもらっていない」と主張しており、厳重注意にとどまった。

▼入江慎也はSNSで騒動を謝罪

記事については「忘年会に出席したことは事実です」と忘年会への出席は認めつつ、「しかしその会が、詐欺グループの忘年会であることは本当に知りませんでした。

知り合いの広告代理店の方から、エステティックサロンの経営や健康食品の販売をしている会社のパーティーがあると聞いていました」とあくまでも詐欺グループの忘年会だったことを知らなかったと弁明。

▼宮迫博之ら芸人たちもSNSで謝罪コメントを発表

宮迫博之がカラテカ入江慎也らと反社会的勢力の忘年会に出席していたと報じられたことについて、出席の事実を認めて謝罪

当日のことは「5年前のことで記憶が定かでない部分が多く、結婚の二次会パーティーだった気がするんですが、入江君に顔だしてくれませんかと誘われて、一曲歌わせていただいた、という経緯だったと思います」と説明した。

「ギャラはもらっていないのですが、パーティー後に参加タレントたちでいったお店、これも誰がいたのか記憶が曖昧ですが、その支払いを入江がしてくれたと記憶しています。知らなかったとは言え、後に逮捕されるような輩がいるパーティーに最年長の身でありながら気づくことも出来ず、出てしまった自分の認識の甘さ、脇の甘さを痛感し反省しております」とつづっている。

「今回の報道でお騒がさせしてしまい、大変申し訳ございません。自分の事を応援してくれている方々、一緒に仕事している方々の気持ちを何も考えていない様な軽率な行動とってしまった事が情けないです」と謝罪した亮。

また、「お金を受け取ってなかった、知らなかったからと言え詐欺グループの忘年会への参加してしまった行為を深く反省しております。ご迷惑、心配、不快な思いをした方々、本当に申し訳ありませんでした」とつづっている。

▼そんな中、宮迫博之ら芸人11名の謹慎を発表した吉本興業

【闇営業問題】宮迫博之ら芸人11名、当面活動休止 吉本興業が謹慎発表 oricon.co.jp/news/2138173/f… … 宮迫の他にロンブー田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ福島、くまだまさし、ザ・パンチ・パンチ浜崎、ムーディ勝山、天津木村、2700八十島宏行と常道裕史、ストロベビー・ディエゴの11人。 pic.twitter.com/5JxghrLtvz

吉本興業は24日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人11名を当面の間、活動休止の謹慎処分とすることを発表した。

1 2 3