1. まとめトップ

アメトーークどうなる?雨上がり決死隊宮迫、ザブングルなど複数の有名芸能人謹慎処分

雨上がり決死隊宮迫やザブングルなど複数の芸能人が特殊詐欺グループとみられる組織が主催した会合に参加していたとして契約解除や謹慎処分となり波紋が広がっている。

更新日: 2019年06月25日

1 お気に入り 3012 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PopCherryさん

テレビ朝日は24日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人11人が謹慎処分になったことを受け、対応を発表した。宮迫がMCを努める「アメトーーク!」(木曜、後11・20)について、今後の出演は「見合わせ」ることを発表した。

宮迫の“冠番組”である「アメトーーク!」、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が出演する“冠番組”の「ロンドンハーツ」(火曜、後11・20)について、同局は「所属事務所からあらたな事実が発表されたことを受けまして、当該出演者に関しましては、今後の出演を見合わせることに致します。また、収録済みの番組につきましては、対応を慎重に検討しております」とコメント。収録済み番組は宮迫らの場面をカットするなど再編集を含めて検討するものとみられる。

お笑いコンビ・ザブングルの加藤歩と松尾陽介が過去に反社会的勢力の会合に参加したとして、所属事務所のワタナベエンターテインメントが6月24日、2人の謹慎処分を発表した。

同社によると、吉本芸人の宮迫博之ら11人が特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合に参加していたとの週刊誌報道を受け、加藤・松尾に確認をしたところ、会合への参加が認められたという。

同社は「番組などで日頃お世話になっている他事務所の先輩芸人の方からお誘いを頂き、お断りすることは失礼にあたるということ、また、参加される先輩芸人の方々のお名前を確認し、存じ上げている方ばかりだったということで信用してしまい、急遽の連絡だったことから事務所に報告・確認すること無くお引き受けしてしまった」と説明。

報道されていた金額とは異なるものの、「先輩芸人」から直接金銭を受け取ったことも認められたという。

「その会合が反社会的勢力の主催であったことの認識は当人たちには無かったとはいえ、コンプライアンス違反と社内にて重く受け止め、今回の処分に至った次第です」と説明している。

問題をめぐっては、吉本興業は6月4日に芸人たちを仲介したとされるお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也との契約を解除。24日には、宮迫博之や田村亮ら芸人11人を同日から謹慎処分にすると発表した。期間は「当面の間」としている。

ザブングルのコメント

「先輩の急なお誘い」「事務所に相談・報告することなく参加してしまった」
ザブングルのコメントは以下の通り。

「この度は、いつもお世話になっております。関係者の皆様、応援してくださっている皆様にご迷惑をおかけし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。お世話になっている他事務所の先輩の急なお誘いとはいえ、事務所に相談・報告することなく参加してしまった自身の確認不足、認識の甘さにより、このようなことになり本当に申し訳ございませんでした。相手先が反社会勢力の団体と知らずとはいえ、そのような場に不用意に参加してしまいましたこと、深く反省しております。二度とこのようなことのないようにいたします」

謹慎処分となった芸人が出演する番組はどうなる?

吉本興業が宮迫博之や田村亮ら芸人11人を6月24日に謹慎処分にしたことを受け、当該芸人が司会を務めるテレビ朝日の人気番組「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」の今後に注目が集まっている。

テレビ朝日広報部は同日夜時点で、ハフポストの取材に対し「収録済みの番組につきましては、対応を慎重に検討しております」と回答した。

通常だと次回の「ロンドンハーツ」は6月25日、「アメトーーク!」は6月27日の放送予定だが、両日の対応は決定していないことを明らかにした。

テレビ朝日は「出演見合わせ」

「アメトーーク!」は「雨上がり決死隊」の宮迫と蛍原徹が、「ロンドンハーツ」は「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮と田村淳が司会を務める。

いずれも吉本興業をはじめとした芸人らが多く出演する大人気番組だ。

しかし、反社会的勢力主催の会合に参加し金銭を受け取ったとして吉本興業が謹慎処分にした11人の中に、宮迫と田村亮が含まれていた。

テレビ朝日はまた、吉本興業の発表を受け「当該出演者に関しましては、今後の出演を見合わせることにいたします」とも説明している。

宮迫の出演する「何だコレ!?ミステリー」や各局の対応

フジテレビは、雨上がり決死隊がMCを務める『世界の何だコレ!?ミステリー』(毎週水曜 後7:00)について、6月26日分と7月3日分は宮迫の出演シーンをカットして放送。宮迫が準レギュラーの『さんまのお笑い向上委員会』(毎週土曜 後11:10)は、現時点では宮迫の出演の収録済みのものはないという。

 また、系列の関西テレビ制作で田村亮がレギュラー出演する『おかべろ』(毎週火曜 深0:25)は、25日放送分は別番組に差し替えることを決定した。

 日本テレビは報道各社に書面で『当該タレントについては、今後の出演を見合わせるとともにすでに収録済みの番組は、出演部分に関して、可能な限り配慮して放送いたします」とコメント。

 TBSも「吉本興業が所属タレントの活動停止・謹慎処分を発表したことを受け、当該タレントについて、当社番組への出演見合わせを決めました」と発表した。

また、宮迫が火曜にレギュラー出演していたMBSラジオ『アッパレやってまーす!』の公式サイトから、宮迫の写真が削除された。テレビ朝日やテレビ東京にも影響が出るとみられる。

今月7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』が、宮迫や亮らが“闇営業”として5年前に詐欺グループの忘年会に参加したと報道。この場に芸人らの出席を仲介したカラテカの入江慎也(42)は吉本興業から契約解除されたが、宮迫らはそのグループが特殊詐欺を行っていたことは知らなかったこと、また金銭は受け取っていないことから厳重注意処分としていた。

しかし、吉本興業の追加調査で、宮迫らが否定してきたギャラの受け取りについて「一定の金銭を受領していた」ことが認められ、謹慎処分が決定。宮迫は「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」と謝罪し、「どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います」とコメントを発表。

 亮も「自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます。私を信用してくれていた世間の方々、番組スタッフ、関係者、吉本興業、先輩方、そして淳を裏切ってしまった事は謝っても謝り切れないです」と謝罪している。

ムーディ勝山やレイザーラモンHGなども同様に活動停止に

このほか、活動停止・謹慎処分となったのはレイザーラモンHG(住谷正樹 43)、ガリットチュウ・福島善成(41)、くまだまさし(46)、ザ・パンチのパンチ浜崎(38)、天津・木村卓寛(43)、ムーディ勝山(39)、2700の八十島宏行(35)と常道裕史(36)、ストロベビーのディエゴ(41)の計11人。

「まだかかわった芸能人がいるのではないか」や「何か隠されている」などの声がネットに上がっている。

1