1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

6月の給料日きたー!!

今月から税金上がって給料の手取り減るとか言われたんやが、、、、o(`ω´ )o

今月から税金もフルパワーで来るから手取りさらに減る(´・ω・`)

税金のバカヤロー 今月から手取りが3000円減るる・・・

人によっては、6月の給料から差し引かれる住民税の額が変わる

多くのサラリーマンは6月の給与明細と一緒に「住民税の通知書」なるものを受け取っているはずだ。

給与明細を見ると毎月同額だった住民税が6月から異なっている人も多いと思われる。

4〜5月は特に給与も変わっていなかったのに、なぜこのタイミングで?と不思議に思う人もゼロではないでしょう。

なんで6月という微妙すぎるタイミングかというと・・・

住民税は1年間のすべての所得が年末調整や確定申告などで決定した後、その所得をベースとして計算されます。

この計算は地方自治体の課税部門が行うもの。そして膨大な人数の住民税を計算するため、時間がかかる。

住民税の計算は各市区町村で行われるため手続きに時間がかかり、実際の住民税が課されるタイミングは年始めとズレが生じます。

きました6月。住民税くっそ高え。毎年毎年アホみたいに増えやがって。収入増えてもこれじゃ意味なくね?

また、社会人2年目も住民税が変更になっていることが多いので注意

税金に関しては、所得税と住民税が給料から差し引かれます。しかし、実は住民税は、社会人1年目は1円も引かれないのです。

社会人1年目は、前年に所得がないため住民税はかかりません。しかし、社会人2年目になると前年の所得(社会人になった4月から12月まで)に対して、住民税がかかってくるのです。

社会人1年目にはかからなかった税金が、2年目からはかかってくるということです。

は!?住民税こんな取られるの!?社会人2年目の悲劇

というか、そもそも住民税ってなんで払わないといけないの?

住民税は、市町村民税・道府県民税の総称で地方自治体による教育や福祉、行政サービスの資金のために徴収されます。

1 2