1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

tyanndaiさん

スマホで頼んでスムーズに受け取り!

注文が怖い人にも朗報! スタバがアプリで注文決済してお店でレジに並ばず商品を受け取る「Mobile Order & Pay」を都内で明日26日(水)スタート~カスタムにも対応 netatopi.jp/article/119254… pic.twitter.com/aiTWcpJqZp

アプリを通じて注文、決済までを事前に完了し、店舗で商品を受け取る「Mobile Order & Pay」(モバイルオーダー&ペイ)を、「大手町・丸の内エリア」を含むオフィス街をはじめとした東京都内の56店舗で、2019年6月26日(水)から導入

注文できる商品は、ドリップコーヒーやスターバックスラテ、キャラメルマキアートなど定番商品約40品

ミルクの変更やホイップクリーム増量、シロップ追加といったカスタマイズも、注文時にアプリから受け付ける

店舗の混雑状況にもよるが提供までは約10分程度を予定しており、ドリンクの完成時にプッシュ通知が届くようになっている

待ち時間の緩和や時間の有効活用につながるほか、アプリを通じて、店舗に着く前に、注文と決済を完了することで、スムーズに受け取ることができ、店舗外でもスターバックス体験を楽しめる、新しいTO GOスタイルを提案する

ZOZOが発表した新サービスが画期的

1000RT:【先行予約開始】ZOZO、足採寸マット「ZOZOMAT」を無料配布へ news.livedoor.com/article/detail… 足の大きさだけでなく、甲高や足幅、かかと幅など複数の部位を計測できるという。出荷開始は秋冬を予定。 pic.twitter.com/o1PQQMTIGO

6月24日、スマートフォンを使い足の3Dサイズ計測が簡単にできる「ZOZOMAT(ゾゾマット)」の予約受付を開始

ZOZOMATの可能性。 新聞の発行部数、約4000万部。 新しいお客様との出会い。 pic.twitter.com/nTAYoDJ2t2

専用アプリの音声案内に従い撮影を進めるだけで、簡単に「足長」や「足幅」、「足囲」などの複数箇所のサイズをミリ単位で計測でき、アプリ内で3Dデータを360度確認可能

ZOZOMATは、チラシを印刷して配布するのと同じように、低コストで短期間に大量配布が可能

無料で提供される

ECで自分の足のサイズに合った靴を試着なしでも注文できるサービスの開発や、今秋開始予定の「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」での商品開発などゾゾマットのデータを活用した取り組みを検討

これで再配達を減らせる!

【モニター募集】日本郵便、再配達削減のため「置き配バッグ」を10万世帯に無料配布へ news.livedoor.com/article/detail… ドアノブの形状にもよるが、専用の結束バンドで大抵のドアノブに取り付けられるという。 pic.twitter.com/zHGVbAOxfT

日本郵便は、物流系ITスタートアップのYperが開発・販売する置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を抽選で10万世帯に無料配布する

6月24日〜募集開始

OKIPPAは、手のひらサイズのバッグOKIPPAを玄関前に吊り下げるだけで、在不在に関わらず宅配物を玄関前で受け取れる仕組みで、昨年12月の日本郵便との東京杉並区1000世帯実証実験では再配達を約61%削減し、高い再配達削減効果を実証

バッグの最大容量は57リットル。拡げると、大きな荷物もすっぽりと入るサイズ

通常販売価格3,980円(税込)

玄関口に固定する専用ロックと内鍵(ダイヤル式南京錠)が付属しているため、荷物のダンボールをそのまま玄関先に置いて帰る通常の置き配と比較して、盗難や個人情報漏洩のリスクを低減できるのが特徴

1