1. まとめトップ

私立中学受験で「教育虐待」が激増ー地獄の拘束時間、病む子供達【東京】

NHKで「私立中学受験による教育虐待」が特集されて衝撃が広がっています。長過ぎる拘束時間、小3の2月から始まる受験勉強、病んでいく小学生、東京で起きている実態です。保護者はどう対策すればいいのか、高校入試ではダメなのか?東京の詳しい教育状況をまとめました。

更新日: 2019年06月26日

2 お気に入り 7604 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kurumisawaさん

■ NHKの「私立中学受験による教育虐待」特集が衝撃すぎると話題

東京都内の私立中学受験のエスカレートして、東京では病む小学生が激増しているという深刻な事態をNHK報道番組が伝え、大きな反響を呼んでいます

NHKによると、急増する教育虐待の背景には、一部のマスメディアによる煽りで「私立中学受験が良い経験になるかなと」感じた親が、実態をあまりよく知らないままに、子供に中学受験を勧める状況があるそうです。

気軽な気持ちで私立中学受験を決意。ところが、想像以上にに過酷で長期戦の都内の中学受験勉強。

保護者は、まだ幼い子供に平日4時間、休日8時間の勉強を強制。成績が上がらない状況にイライラを隠せなくなり、親子共々に心身が疲弊。とうとう子供から「もう無理」との声。

■東京の私立中学受験が地獄化「小3の2月から想像を絶する長期戦」

NHKの報道が伝えた「私立中学受験による教育虐待の急増」の背景には、東京都内の私立中学受験の“地獄化”があります。

NHKによると、東京の私立中学受験勉強のスタートは小3の2月から。昔と比べて驚くほど低年齢化しています。年々に競争を有利に働かせようと低年齢化、長期化していく傾向のようです。

■【深刻】東京の心療内科に「私立中学受験で病んだ小学生」が激増

東京の心療内科には、私立中学受験によって病んだ小学生の通院が激増しているそうです。心身ともに疲れ果て、自律神経が狂い、憂鬱な気持ちになったり、精神的に不安定な子が急増しているとか。私立中学受験の長期戦化の影響で、小3から通院する子もいるとか…。

■【過酷】東京では小3の2月から「塾弁」必須で夜9時以降に帰宅

東京の私立中学受験勉強は低年齢化が進み、とうとう「小3の2月から」が標準スタートに。例えば、最大手の早稲田アカデミーでは、小3の2月からカリキュラムが始まって、小学校が終わった後に17時10分より授業が始まり、終了は20時35分。授業の間に塾弁の時間があって、帰宅は夜9時以降、場合によっては10時近くにもなります。これが、小学3年生の2月からの「標準」です。

朝の7時台に小学校へ行って、6コマの授業を受けて、放課後すぐに塾へ行き、塾で夕食を取り、夜9時以降に帰宅。会社勤めのお父さんやお母さんよりも拘束時間が長い!これが、まだ8歳や9歳の段階でスタートするのです。

■【なぜ長期戦化?】塾講師すら「おかしい」と言うほどに入試問題がエスカレート

「10年前の難問は、今では基本問題です。」

東京の私立中学入試では、こんな言葉があると言います。かつては「難問」とされた問題も、受験勉強の長期戦化によって「基本問題」となり、私立中学側は差をつけようとさらなる難問を出し、対応するためにさらに長期間、長時間の受験勉強が必要となる…という負のスパイラルです。

首都圏の中学受験での勉強って、中学以降で習うようなことは使えず、それでいてふるい落としのために難問が出題されるので、かなりトリッキーな解き方を要求されたり、知能テストみたいな問題を解かされたりで、中学以降で全然使わないようなことばっかり勉強することになるんだよなー。

■【長期化&過酷】開成中から分かる「エスカレートする入試問題」

「なぜ、東京の私立中学受験が“地獄化”しているの?」という問いに対して、説明するよりも、実際に体感してみたほうが納得するはず。

男子私立トップの開成中学校の社会の入試問題を抜粋しました。小学生が解く問題であることを前提に、皆さんも解いてみてください。

寛永寺と同じく徳川家代々の墓がある場所は?

解答:「増上寺」

生前譲位を行った天皇をア~エから選びなさい。
ア:持統天皇  イ:推古天皇  ウ:天智天皇  エ:天武天皇

解答:「ア」

寛永寺を開山(創建)し、徳川家康以来三代の政治顧問をつとめた僧侶の名を漢字で答えなさい。

解答:「天海」

湯島天神の北にあって平将門を祀り、江戸三代祭りの1つが行われる神社とは?

解答:「神田明神」

比叡山の僧たち平安後期に、集団で日吉神社の御輿を担いで権力者に訴えた行為は?

解答:「強訴」

江戸城の東側、加賀肥前守下屋敷は現在の何か?

解答:「東京大学」

日蓮宗で唱える「南無妙法蓮華経」を何というか?

解答:「題目」

倭国に対して公に仏教を伝えた百済の王はだれ?

解答:「清明王」

首都圏における駅名表示の「目黒」の文字の横に「JY22」という表示がみられます。この表示のなかで「JY」が表しているものを具体的に答えなさい。

解答:「JR山手線」

■【長期化&過酷】出題された「難問」は翌年「基本問題」になる

開成中学校の社会の問題は解けましたか?いずれも難問で、さすがに正答率は高くありません。

しかし、大切なのは、開成中で出題されたこれらの「難問」は、翌年になると、過去に出題された「基本問題」になるということです。こうして、年を経るごとに、覚えなければならない社会語句が増えていき、知識暗記量は膨大化し、8歳や9歳からの私立中学受験勉強が東京で必須になるという“入試の地獄化”が起こるのです。

■【なぜ長期戦化?】中学受験を経験した親すら「自分たちの時代よりも過酷すぎる」と悲鳴

東京の私立中学受験勉強の過酷さは、私立中学受験を経験している保護者すら「おかしすぎる」「異常な状況」と悲鳴をあげるほど。

保護者の世代が子供だった頃の私立中学入試は、「小5からの受験勉強」でも十分とされていましたし、通塾日も多くありませんでした。それが、入試問題の難問化スパイラルによって、超長期戦と呼ばれるほどの長時間の準備が不可欠となってしまいました。

■SNSで広がる「東京の私立中学受験勉強の過酷さは“狂気の沙汰”」

教育虐待なんてものがあるのね……(*_*) 中学受験は本人が望まない限りやらない方がいいよ……熾烈な競争だし……。。どうしても私立に入れたいなら小学校受験にして、本人には受験とは言わず、お勉強しに行く、と言うと競争感がない。ソースは私。

アラフォー親が子に中学受験を介して教育虐待…。 なんか自分の成功体験を子に押し付ける以外にも、その後の失敗(就職氷河期)に耐えられるようにより学歴に重きを置いたように見えなくもない…。より高い大学へ、院へ、勝ち組へ、みたいな。 そこに子どもの意思はないのは同じ。

1 2 3