1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

白衣の天使と言われる看護師さん。つねに笑顔でも、心の中までそうではありません!(笑)現役看護師の私が、リアルな看護師の生態をまとめてみました。

letsgetloveさん

看護師はまだまだ女の園?

近年男性看護師も増えてきたと言われていますが、看護師はまだまだ女の園というのが事実です…。女性看護師だけの職場より、男性看護師がいる職場の方が、空気が和やかな気がします。
男性看護師さんは、少し肩身が狭いと思いますが、大切な役割を担っていますよ!自信をもってくださいね。

看護師の性格は人それぞれ

一般的に看護師のイメージは、「気が強い」「たくさん合コンしてそう」「人に尽くす」と言われることが多くあります。しかし当然、全員がそれに当てはまることはありません!(笑)
私の周囲でも、気が強い看護師から、この人本当に怒ることあるのかな?と疑問に思うほど温厚な人まで様々です。
男性の方は、気になる相手が看護師だからといって、知る前からあれこれ深く考えてマイナスイメージをもつのはやめてあげてくださいね。

看護師だからプライベートも奉仕的?

よく看護師だから、プライベートでも世話焼きなんでしょ?と思われていることが多くあります。現役看護師の私からしますと、決して一概にそうとは言えません。ふだん病気やけがで苦しんでいる患者さんたちを支えているぶん、プライベートではその責任感やプレッシャーを労わってくれる人に惹かれることが多いです。パートナーが看護師という方は、どうしてもプライベートでも奉仕を求めてしまいがちかもしれませんが、労わる気持ちも持ってあげて下さいね。

看護師の夜勤はしんどい…

看護師だけでなくいろんな職種でも夜勤があり、大変さの種類はそれぞれ違います。
しかし、看護師の夜勤は、体力的にも精神的にもとってもしんどいんです…。
特に2交代制の夜勤は、勤務時間が約16時間。職場環境にもよりますが、私の病院ではほとんど休んだり雑談する時間はなく、ほぼ常に動いています。(笑)
夜勤後は、いつ眠ってもおかしくないくらいの睡魔と闘いながら帰宅していますので、パートナーが看護師という方は、家のことをせず爆睡していても大目に見てあげてください。

看護師はハードワークだけど痩せない?

看護師の仕事は患者さんの介助や処置など、とにかく毎日忙しくハードワーク。仕事だけで毎日相当な運動量ですが、意外と痩せられません…。
それは不規則な食事、夜勤明けの防食、休憩中のお菓子のつまみ食いなどが、考えられます。(笑)ハードワークな仕事をしていても、私の周囲にはヨガやジムに通ってトレーニングをしている看護師が多くいます。ダイエット…女性の永遠のテーマですね。(笑)

看護師の元気の源はやっぱり…

“看護師”という生命と向き合う仕事のなかで、気分が落ち込んだり、自分の無気力さを痛感することが日々たくさんあります。
しかし、プロとしてそんな暗い表情は、患者さんには決して見せるべきではありません。日々張りつめた緊張感のなかで、看護師の元気の源は、やっぱり患者さんからの「ありがとう」ではないでしょうか。
自信が持てないときも、患者さんの笑顔や感謝の言葉は、何よりも看護師の心を癒してくれます!看護師は、実際に患者さんからも、たくさんの愛情と勇気をもらっているのですよ(^^)

さいごに

現役看護師が語る、看護師の生態はご理解いただけましたでしょうか。
このまとめをきっかけに、看護師さんは明日からの仕事の活力に!
パートナーが看護師という方は、相手を知るひとつのきっかけに!なれば嬉しいです。

1