1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

あなたは正しい行動ができますか?

国際空港、地下鉄、カフェテリアなど普段利用する場所で爆発が起きたらあなたはどうやって身を守りますか??

逃げ道を確認しておく習慣をつける

人が多く集まる場所に行く場合は、一番早く外に出られて、幅が広く、電気式自動ドアでない出口を特に確認しておいてください。

混雑したり、電気が通じなくなったりする事もあるので、エレベーターやエスカレーターは使用しないでください。階段だけを利用してください。

即隠れる

地震が起きたときに机に身を隠すように、自分自身の身を何かで隠すことで、犯人からできるだけ小さい「標的」になることが重要だそうです。

地面に身を伏せることもいいですが、理想的には何かコンクリートのような硬い壁の後ろに隠れるのがいいということです。

爆発時は口をあける

ベルギー在住のさわぐり(@sawaguricph)さんが大使館より伝えられたというツイートにも記載がありましたが、耳をふさぎ、口を半開きにした方がいいそうです。

姿勢を低くし、爆風とは逆の方向に顔を向ける

爆発があった際に起こる爆風の衝撃は波のように広がり、上に行きます。なので大きな爆発音があったときには直ちに姿勢を低くしましょう。

近くに頑丈なものがあればそこに隠れ、可能であれば速やかに低い姿勢を保ちつつ安全な場所に避難します。

携帯電話は電源を切る

銃撃戦などに巻き込まれた場合、通知音は命取りになります。

「メールや電話はいつ来るかわかりません。その音が犯人に届き、命を落とすこともあります。とはいえ、銃撃戦後に情報収集をしたり、安否確認で必要になることもあります。巻き込まれたときは、とりいそぎ電源を切っておく方がいいかもしれません」

迷わず行動する

テロ等の脅威を特定したら、すぐに逃げてください。その他の行動は考えないでください。言い換えれば、他の事を考えず、ただ逃げるための行動を起こしてください。

逃げるときにテロによって何が起こるかを考える時間はありません。テロ発生時、何もできず呆然とする人もいますが、このような人は、思考回路がパンクしてしまっているのです。

人を探さない、助け合わない

1 2