私の友人のおじいちゃんは昔から変わった工芸品を集める癖があり、日本であまり見ないような外国の工芸品を集めていました。

ある日、友人のおじいちゃんが病気で亡くなり、おじいちゃんが持っていた工芸品を友人や友人の家族が引き取る事になりました。

亡くなったおじいちゃんが生前に持っていた工芸品の中に古めかしい箱があり、その箱の蓋にはハングルみたいな文字の跡が残っていました。

その箱を開けると中には人の骨のような物が入っていました。

その異変は友人が自宅で寝ている時に変な足音がするという事です。

友人は目を覚まして、家の中を見回すと一瞬だけ見知らぬおばあさんの顔のイメージ映像が思い浮かんできて、友人は倒れてしまいました。

やがて朝になり母親に起こされると、早速友人は母親に見知らぬおばあさんのイメージ映像の事を話しましたが、まともに話に応じてくれませんでした。

後になって、友人はハングルの本を図書館で調べて箱の蓋に書かれた謎の文字を調べました。

すると文字の意味が解りました。

文字の意味は日本語で直訳すると...

出典【怖い話】謎のハングル文字 | 日本の都市伝説(怖い話)&未解決事件

続きはこちら
https://xn--9oqx67ab2fnkbmy2he6h.com/?p=3260

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【一人で閲覧禁止...だぞ!】本当にあったみんなの怖い話ベスト30

これからの季節にぴったりな怖い話を厳選して30話まとめました。

このまとめを見る