1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

梅雨の除湿&カビ対策をご紹介

冬に比べて、気温だけでなく湿度も高くなる日本の夏を快適に過ごすためには、“いかに効率的に除湿をするか”が重要です。

部屋の湿気対策をこまめに行い、カビを防いで快適な空間づくりを心がけましょう。

重曹を置く

重曹は湿気取りに効果的です。お皿に重曹をたくさん入れて部屋に置いておく。それだけでも湿度は抑えられます。

重曹は100均にも置いてあるので、お手軽で良いですよね。特に湿度を抑えたい箇所に置くと良いです。

炭を置く

ジメジメした空気が肌にまとわりつくこの季節。お部屋のインテリアや、お部屋の湿気取りなどに竹炭をお使いの方は多いと思います。

カーテンで湿気対策

麻を素材とした『麻カーテン』は、繊維の断面にある中空孔に水分を吸い込んだり、はき出したりすることでお部屋の湿度を調整してくれます。

速乾性・通気性にも優れることから換気もしやすく、抗菌防臭効果も備わっています。

扇風機を回す

この方法では数パーセントほどしか湿度は落ちませんが、この数パーセントは大事です。

空気の流れをつくる

除湿機の送風口からは勢いよく乾燥した空気が吐き出されるので、部屋の空気がかき混ぜられてまんべんなく除湿できるようになっています。

ですが、扇風機やサーキュレーターを併用して空気の流れを作るとより効果的に除湿できます。

扇風機やサーキュレーターは除湿機の送風口の対角において、空気が滞りがちな天井へ向けて回すと空気がよく循環します。

新聞紙を洗濯物の下にしく!

洗濯物が増えると、それだけで室内の湿気が増え乾きが遅くなってしまうため、吸湿性に優れた新聞紙をクシャクシャにして洗濯物の下に敷くだけで、洗濯物の水分を吸い取ってくれます。

湿度計を置きましょう

1 2