1. まとめトップ

ツイッター発。「ビールが苦手→好きになった人」感想レビューが凄いと話題に!!

潔にまとめてみた。(これは決して「ビールが苦手?いいよ飲めよ」というものではなく、「貴方がビールを嫌いなのは苦いビールばかり飲んできたからでは? もっと飲みやすいビールがありますよ」と言うつもりで作ったもの)

更新日: 2019年07月14日

3 お気に入り 1969 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Ryo08772882さん

えっ、まだビール苦手なの???

でもこれで好きになるかも!!

暇だったので、ビールが苦手→好きになった俺が独自の視点で有名なビールを簡潔にまとめてみた。 (これは決して「ビールが苦手?いいよ飲めよ」というものではなく、「貴方がビールを嫌いなのは苦いビールばかり飲んできたからでは? もっと飲みやすいビールがありますよ」と言うつもりで作ったもの) pic.twitter.com/xoEvYWfpG7

「ビール嫌いに勧めるならホワイトビールやフルーツビールの方が良いのでは?」との指摘があったので釈明すると、まずは飲みやすい変わり種ではなく、知名度の高い一般的なビールの中で飲みやすい物を飲むことで、一般的なビールの良さをしっかりと知ってほしいとの思いで製作したのでこうなりました。

酒が苦手な人に無理に酒を勧めるのは悪です。 僕自身も飲み会で「この店黒ラベルじゃん…ビール苦手な後輩でも飲めるじゃん…」と思いつつも、アルハラになるので勧めていません。 一方で、ツイート形式でこうやって勧めるのはアリだと思っています。誰でも簡単に断れるので。笑

知名度や店頭での販売状況から記載を見送った飲みやすいビールとしては、 オリオンビール コロナビール ハートランド ヴァイツェン が挙げられます。 (まあそれ言ったらカールスバーグも滅多に見かけませんけどね) (バドワイザーはコンビニでも結構売られています)

なぜ外国のビールの方が飲みやすいかというと、欧米ではビール=ガブ飲みするもの という認識が強く、苦味やコクよりも飲みやすさを重視した作りになるからだそうです。(例外もあります) 対して日本のビールはコクや渋みを重視したものが多く、若者には外国のビールの方が合うのかもしれません。

リプで指摘されて思い出したんですけど、今の飲みやすいバドワイザーはアンハイザーから委託されてキリンが作っているんですよね。 今年度末でキリンが生産をやめ、アンハイザーが直接製造したものを日本で売るようになるらしいので、もしかしたら味が変わるかもしれません。

リプや引用リツイートを参考に飲みやすさを客観的にまとめました スーパードライ★★★☆☆ 黒ラベル★★★★★ エビス★★☆☆☆ プレミアムモルツ★★★★☆ キリンラガー★☆☆☆☆ 一番搾り★★★★☆ バドワイザー★★★★★ ハイネケン★★★★☆ ギネス★★★★☆ カールスバーグ★★★★★

このツイートへの反応

@ha_suuuuuu きれーにまとめてるのいいですね。 苦い云々だと正直日本の大手メーカーのやつってほぼ全滅っじゃない?と思わなくもないですw 海外ビールを運よく見かける環境ができたおかげで実はビールって笑えるくらい種類あるよ、好み探してみたら?とか思ったり思わなかったりしますw

@ha_suuuuuu 大きめのスーパーで売っているコロナビールも飲みやすくておすすめです。瓶ビールにカットレモンを突っ込んで飲むのが酒飲み始めの頃格好いいと思ってよく飲んでいました。 あとは沖縄のオリオンビールも飲みやすいです。 今はすっかり黒ラベル一筋で★4つが嬉しかったのでリプさせていただきました。

@ha_suuuuuu 僕は一番搾りがとっても飲みやすいと感じたので意外でした…。このツイートのビールはコンビニや居酒屋でよく見るタイプなのでビール好きが増えるきっかけになって欲しいです。

1