1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

朝ドラ『なつぞら』だけじゃない!「大原櫻子」のおすすめ作品

朝ドラ『なつぞら』で人気爆発中の天陽(吉沢亮)。その妻役での出演が発表され話題となっている「大原櫻子」のおすすめドラマ7作品。『水球ヤンキース』、『恋仲』、『好きな人がいること』、『この声をきみに』、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『チア☆ダン』、『あの日のオルガン』。

更新日: 2019年10月15日

5 お気に入り 10866 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『水球ヤンキース』(2014)

脚本:徳永友一、麻倉圭司、松田沙也
出演:中島裕翔、山﨑賢人、大原櫻子、千葉雄大、中川大志、吉沢亮、新川優愛、大政絢、森本レオ

Hey!Say!JUMPの中島裕翔主演による青春群像ストーリー。マイルドヤンキーだらけの霞野工業高校・通称カス高で、ひょんなことから水球を始めることになった男気溢れるヤンキー高校生・稲葉尚弥らイケメン水球軍団の姿を描く。

久しぶりに水球ヤンキース見たんだけどさ、、メンツ最高すぎねぇ?? 中島裕翔、髙木雄也、横山裕、山崎賢人、千葉雄大、中川大志、吉沢亮、間宮祥太朗、鈴木伸之、橋本環奈、新川優愛、筧美和子、佐野ひなこ、大原櫻子、大政絢、倉科カナ、、、、、などなど、、 すごすぎかww 豪華だわ笑 pic.twitter.com/M4pu9500vG

◆『恋仲』(2015)

脚本:桑村さや香
出演:福士蒼汰、本田翼、野村周平、太賀、大原櫻子、大友花恋、市川由衣、山本美月、小林薫

福士蒼汰、本田翼主演の純愛ラブストーリー。三浦葵は建築設計事務所のアシスタントとして働いていたが、日々の仕事に忙殺され、夢を見失っていた。そんなある日、高校時代の友人・金沢公平から東京で行われる同窓会の連絡があり…。

恋仲見てより強くなった気持ち ↓↓↓ 大原櫻子やっぱりかわいすぎぃ 演技もうまいし最高。七海のキャラすごい好きやった!

◆『好きな人がいること』(2016)

脚本:桑村さや香、大北はるか
出演:桐谷美玲、山﨑賢人、三浦翔平、野村周平、大原櫻子、浜野謙太、佐野ひなこ、飯豊まりえ、菜々緒、吉田鋼太郎

海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロインがイケメン三兄弟とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディー。

今日の好きな人がいること最高過ぎた✨めっちゃ愛海出てきた〜!ホントに可愛いわ〜ww✨ 2週間我慢したかいがあったww ストーリー最高だったし、千秋、夏向、冬真の3兄弟かっこよかった✨ #好きな人がいること #スキコト #大原櫻子 pic.twitter.com/qdCKMoqRMu

「好きな人がいること」のさくちゃんのシーンで好きなとこまとめた︎☺︎ 恋仲とは真逆の演技だよね 夏だね~ #大原櫻子 #好きな人がいること pic.twitter.com/2ptFyoQD5K

◆『この声をきみに』(2017)

脚本:大森美香
出演:竹野内豊、麻生久美子、ミムラ、堀内敬子、大原櫻子、戸塚祥太、趣里、平泉成、仁科亜季子、松岡充、永瀬匡、片桐はいり、杉本哲太、柴田恭兵

ある日、家族に捨てられた、偏屈な数学講師。そんな彼が、人生を変えるために訪ねた先は、町はずれの小さな朗読教室だった。謎多き女先生や個性的なクラスメイトとともに、新しい自分をみつけるレッスンが始まる。楽しくも切ないヒューマンコメディー。

昨日の第2話、声優になりたい稲葉美鈴ちゃん、可愛くてオモシロくて最高でしたドラマも世界観がとても面白くて、どんどん引き込まれました✨童話「ふたりはともだち」に心がホッコリしてこれからもさくちゃんのお芝居、ドラマの展開が本当に楽しみです #大原櫻子 #この声をきみに pic.twitter.com/DAzPc7PV2A

先週地震でふっとんだので仕切り直しを録画で見たがあまりの感動に震えた。これは名作ドラマ。・この声をきみに 竹野内豊、NHK初主演ドラマ「この声をきみに」。nhk.or.jp/drama10/myvoic…

【映画】

◆『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013)

監督:小泉徳宏
脚本:吉田智子
原作:青木琴美
出演:佐藤健、大原櫻子、三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大、吉沢亮、森永悠希、谷村美月、相武紗季、反町隆史

青木琴美の大ヒットコミックを映画化したラブストーリー。天才サウンドクリエーター・小笠原秋は、自分の正体を隠したまま女子高生の小枝理子とつき合い始めるが…。

大原櫻子と佐藤健

カノ嘘はやっぱり名作だわ。 ホントにグッとくる。 結論を言えば、大原櫻子が心底かわいい笑

カノ嘘は亀田誠治という名作曲家と、ちっぽけな愛のうたを歌うために選ばれた大原櫻子と、あの曲を観客の心に正しく届けるための表現者たる佐藤健と、この3人の天才が揃ったからこそ名作となった訳だ。そりゃあただの恋愛映画な訳がない。奇跡の一本かもしれない

1 2