1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『俺の話は長い』だけじゃない!「清原果耶」のおすすめ作品

2019年秋ドラマ『俺の話は長い』に出演する「清原果耶(きよはら かや)」のおすすめ映画・ドラマ7作品。『あさが来た』、『精霊の守り人』、『透明なゆりかご』、『宇宙を駆けるよだか』、『3月のライオン』、『ちはやふる -結び-』、『愛唄 -約束のナクヒト-』。 追記:朝ドラ『なつぞら』

更新日: 2019年10月14日

8 お気に入り 45507 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『あさが来た』(2015)

原作:古川智映子
脚本:大森美香
出演:波瑠、玉木宏、ディーン・フジオカ、三宅弘城、山内圭哉、友近、清原果耶、鈴木梨央、吉岡里帆、林与一、風吹ジュン、近藤正臣、宮﨑あおい

幕末、京都に生まれたあさ(波瑠)は、相撲が大好きなおてんば娘。親同士の約束で大阪商家の次男・新次郎(玉木宏)のもとへ嫁ぐと、商いにのめり込んでいった。男社会に立ち向かい奮闘する。

今朝のあさが来た、亀助さんの「勇気出せたんやなぁ」は名場面でしたね。ふゆにもその亀助さんの心が沁みたみたいで、朝から目がウルウルしちゃいました…。大森さんの脚本、こういう言葉の選び方がほんとに好き。

襟巻きといえば「あさ来た」でハートブレイクで雪の中座り込むふゆちゃんに亀助さんが走ってきて赤い襟巻きかけてあげる(そして改めてプロポーズに至る)あの屈指の名シーンがあったばかりで、今回のよっちゃんお手製のマフラーの扱いがいろんな意味でぞんざい過ぎてもやもやする。#とと姉ちゃん

◆『精霊の守り人』(2016、2017)

脚本:大森寿美男
原作:上橋菜穂子
出演:綾瀬はるか、板垣瑞生、東出昌大、藤原竜也、木村文乃、林遣都、吹越満、神尾佑、松田悟志、清原果耶、吉川晃司、高島礼子、平幹二朗

人と精霊がともに暮らす架空の世界を舞台に、短槍を武器に戦う凄腕の女用心棒・バルサと、幼い頃に精霊の卵を宿し、バルサに命を救われた新ヨゴ国の皇太子チャグム、この2人が織りなす壮大な物語。

精霊の守り人の2話を観る。バルサの少女期を清原果耶ちゃんが演じてるのね。あさが来たもそうだったけど、この人の演技は人の目を引く。殺陣も上手いし、とんでもない逸材なんじゃないだろうか。 #nhk #精霊の守り人

『精霊の守り人』第2回.幼少期のバルサ役にしれっと清原果耶さん.『あさが来た』のふゆからの演技の振れ幅が凄まじい.数年後(か十数年後)に朝ドラか大河の主役を張ってそう.

◆『透明なゆりかご』(2018)

原作:沖田×華
脚本:安達奈緒子
出演:清原果耶、瀬戸康史、酒井若菜、マイコ、葉山奨之、水川あさみ、原田美枝子

小さな産婦人科医院を舞台に、出産の光と影を描いた沖田×華原作によるヒューマンドラマ。1997年、夏。看護師見習いとして由比産婦人科へやって来たアオイは、いきなり中絶手術の現場を目撃し、衝撃を受ける。

清原果耶と原田美枝子

普遍性を持った傑作になったと思う。清水靖晃さんの音楽も素晴らしいです。 - 清原果耶のモノローグが心に沁みる 『透明なゆりかご』が描いた産婦人科の“光と影” realsound.jp/movie/2018/09/… @realsound_mさんから

「透明なゆりかご」見終わる。よくぞあんな思いテーマを45分足らずで描ききったものだ。アタシ的な注目作が多い今シーズンでも最高傑作かも。「あさが来た」の時から注目してたけど、清原果耶さんは本作で爆発した感じであります。

◆『宇宙を駆けるよだか』(2018)

監督:松山博昭
脚本:岡田道尚
原作:川端志季
出演:重岡大毅、神山智洋、清原果耶、富田望生、関めぐみ、中島唱子、霧島れいか、六角慎司、鈴木美羽、久田莉子

火賀俊平、水本公史郎、小日向あゆみは幼馴染み。ずっと想いを寄せていた公史郎と恋人同士になったあゆみだったが、初デートの日、醜い容姿を持つクラスメイトの海根然子と体が入れ替わってしまう。誰もそのことを信じないなか、火賀だけは入れ替わりに気づくが…。

『宇宙を駆けるよだか』の清原果耶の睨みがキレッキレで最高 『ちはやふる結び』で田中の「おやっ?」リストに登録されたんだけど、これはもう「むふふ」リスト入りですね この目で睨み殺されたい pic.twitter.com/bY0SPdht88

宇宙を駆けるよだかはかみしげの最高傑作だよねえええ 富田望生ちゃんと清原果耶ちゃんの女優の演技力の凄さにも圧倒された

【映画】

◆『3月のライオン』 (2017)

1 2