1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Ryo08772882さん

あるツイートが話題に

熱中症予防にスポドリやジュースを飲むと、血糖が上がり、尿が増えます。ある所を超えると飲んだジュースより出る尿が多くなり、飲めば飲むほど脱水が進み、更に血糖が上がります。その結果昏睡してICUに入院したり、死んだり、後遺症で半身不随になったりします。月に2人はそういう人を診ています。

さらに…

高齢の人も多いですが、20代とか若い人も診ています。良かれと思って飲んだ野菜ジュースの飲み過ぎで、半身麻痺で喋れなくなった20代の女性を診るのはとてもとても悲しいことです。元々糖尿病が無かった人でもなります。熱中症予防には水かお茶を飲みましょう。塩分がほしければ塩や梅干しを追加して。

塩分補給のためにスポドリがいいと言って、生死の境を彷徨うことになる人は沢山居ますが、例えばポカリスエットは、100mLあたり炭水化物 (=糖分)7g、食塩 0.12gです。ペットボトル1本なら糖35g、塩0.6gです。糖分は角砂糖9個分もあるのに対して、塩分はごく僅かな量しか入ってません。

最悪死亡することも…

ポカリスエット1本で35gの糖分を摂ると、血糖値は175mg/dLほど上がります。糖尿病のけがある程度の人が、ポカリスエット2L飲んだら、血糖値は700上がるので、元々血糖値100だったとしても血糖800になります。3L飲むと1000を超えますが、これはICU入室もので、場合によっては死ぬこともある血糖値です。

高血糖になっても、1型糖尿病のような、全くインスリンが出ていない人でない限り、水分をきちんととっていれば、そう簡単には死にません。血糖が上がると喉が渇くので、脱水は自分で予防できる場合が多いですが、ここで飲み物にジュースやスポドリを選んだ場合、更に血糖が上がるので、死んだりします

専門家も同じ意見

「熱中症から身を守るために、何より大切なのは・・暑さを避けることです。水分をきちんととることは大切ですが、スポーツドリンクさえ飲んでいれば、熱中症を予防できるとは絶対に思わないでほしい」。

じゃあ経口補水液は?

「経口補水液はスポーツドリンクに比べると塩分が多め。下痢やおう吐などの症状が出た時、脱水状態を補正するのに効果があります。一刻一秒を争う脱水状態では経口補水液のほうが、胃から腸に早く水分が送られるため、症状の回復に適しています

@dempacat OS1は一般的なスポドリより塩が多め、糖が少なめですが、糖尿病があるとわかっている患者には勧めていません。糖尿病がないとわかっている患者には、「まあ、飲んでもいいんじゃない(私なら飲まんけど)」くらいです。

しかし、大量の水も危険!!という専門家も

水だけを大量に飲むと逆に脱水症のおそれがあるんです。自発的脱水と言います。水を大量に飲むと体の中の塩分の濃度は低くなります。すると塩分の濃度を元に戻そうと飲んだ水をどんどん尿として排出してしまうんです。その結果、脱水の症状が起きてしまうというしくみです。水だけを大量に飲むのは要注意です

じゃあどうすればいいの⁉

水分補給(アルコールやカフェインを含まない)+塩分補給が最適
  麦茶+梅干しが理想的

▶関連まとめ

1