1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

近年、夏の最高気温は記録的な数値となり、昔に比べて被害も増加の傾向にあるようです。正しい知識を身に着け、熱中症被害から身を守りましょう。

bell_sanさん

熱中症とは

熱中症は、暑熱環境下において身体に生じる異常の総称です。
高温や多湿等が原因となって起こり、屋内・野外を問わず発症します。

熱中症の症状

高温や高湿の環境下で起こる全身の熱障害を熱中症といい、症状により熱痙攣、熱疲労、体温調節機能障害を伴う熱射病に分けられます。

熱痙攣
高温の環境下で作業や運動をした時などに起こる、痛みを伴った筋肉の痙攣であり、吐き気や腹痛を伴います。
大量の発汗があるのに水分を補給しなかったり、塩分を含まない水分のみを補給したときに起こり、体温の上昇があってもわずかです。

熱疲労
高温の環境下で、ことに蒸し暑いところで、疲労感、頭痛、めまい、吐き気などの症状が認められます。
大量の発汗による脱水症状であり、汗の蒸発による熱放散が不足するために体温は上昇します。

熱射病
高温の環境下で体温調節機能が破綻した状態をいいます。異常な体温の上昇と興奮、錯乱、痙攣、昏睡などの意識障害が特徴である。発汗の停止によって皮膚は乾燥し、手当が遅れればショックや細胞・臓器障害に陥り、死亡することもあるので危険です。

熱中症の原因・要因

【熱中症の原因】
◆前日より急に温度が上がる。
◆多湿によって、汗による蒸散ができずに体内の熱を発散できなくなる。
◆涼しい室内等から急に外に出る。
◆長時間に亘る野外での行動や活動。
◆厚着での行動や活動。

高温に備えないまま野外で長時間活動したり、室内だからと温度調節や水分補給怠ると熱中症になりやすいと言えます。また、身体が慣れていない状態で急激な温度変化があると体調を崩し易いです。

【熱中症の要因】
◆5歳以下の乳幼児。
◆65歳以上の高齢者。
◆肥満者。
◆脱水症状や発熱がある。
◆睡眠不足。
◆遺伝的要因。

熱中症になった場合の応急手当

◆風通しが良い日陰や、冷房の効いた場所に避難する。

◆衣服を緩めて楽な姿勢をとり、身体を冷やす。
冷たい缶ジュースや氷枕等を、脇の下や股などの動脈が集中する部分に当てて冷やす。
霧吹き等で全身に水分を浴びせ、気化熱で冷やす。

◆水分・塩分を補給する。
冷たいものを大量に摂取すると胃痙攣が起こる場合もあるので、少量を何度も摂取する。

自力で水分が摂取できなかったり脱力感や倦怠感が酷く動けない場合、意識がない(混濁している)、全身の痙攣がある等の状態であれば、躊躇わずに救急車を呼んで下さい。

出典 総務省消防庁(現在ページが存在せず)

普段からやっておきたい熱中症対策

熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが大切です。

◆こまめに水分・塩分を補給する。
スポーツドリンクは、脱水時に与えるとナトリウム濃度によっては低ナトリウム血症から水中毒を誘発する可能性があるため注意が必要です。甘く飲み易いので子どもでも積極的に摂取でき、発汗により失われる主要な電解質を含んでいるため、脱水になる前の水分補給手段としては優秀でお勧めできます。糖を含んだものが多いため、糖尿病患者であれば飲みすぎてしまう傾向もあるようです。
経口補水液は、家庭でも手軽に作ることができるため、水筒に入れて持ち歩くのもいいと思います。

◆室内の温度調整をする。
エアコンがあるならは我慢せずに使用しましょう。扇風機やサーキュレーターと併用することで、更に効果的・経済的に冷やすこともできます。
温度がこもらないよう、こまめな換気も大事です。
室内に直射日光が当たると温度が上がってしまうため、遮光カーテンや簾(すだれ)で日光を遮ると良いです。

◆暑さに応じた服装をする。
通気性の良いもの、吸湿・速乾性のあるものを選びましょう。
保冷剤や、濡らすとヒンヤリする素材のものを持ち歩いてこまめに身体を冷やすと良いです。

◆外出時の対策。
帽子や日傘を持ち歩きましょう。近年では、男性が日傘を持ち歩くことも増え「日傘男子」などと呼ばれるそうです。蔑称ではなく、逆にお洒落だと感じている女性も多いそうですし、男性が使用してもおかしくないデザインや、雨傘と兼用のものもありますので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。
移動時はできるだけ日陰を利用し、疲れたら日陰や喫茶店の涼しい場所で休憩を挟むことを心がけましょう。
天気の良い日中は、用事がなければ外出を控えることも考慮しましょう。

◆予防的な行動として。
前もって水分を補給しましょう。脱水状態になってから飲んでも遅いため、早め早めに摂取することが大事です。
あまり冷たいものを摂りすぎると、お腹を壊したり、内臓の活動が低下して逆に体調を崩してしまうことがあります。可能であれば常温に近い水分を摂取するほうが良いです。
急激な温度変化は体調を崩し易いため、冷房の温度はあまり下げ過ぎないようにし、外出する少し前にはエアコンを切って軽く運動をしてから出かけると、身体への影響が少なくて済みます。
睡眠不足だと、身体の機能がうまく働かず、体温調節もうまくいかないため、睡眠はきっちりと取りましょう。

◆周囲と呼びかけあう。
周囲を気にかけ、相互に体調を崩さないように心がけましょう。
小さな子どもは汗腺等が未熟で、小柄なため地面の照り返しでより高温に曝されるため、暑さの影響を強く受けます。周囲が注意深く見守り、問題がありそうならすぐ連れ帰る等しましょう。
高齢者は感覚機能が低下している場合が多く、暑さを感じにくく汗をかきにくいため、身体への異常を自覚するのが難しく、温度調節や水分補給を怠りがちになります。自分では大丈夫だと思って無理をしてしまうことが多いため、回りで気を使いましょう。
障害のある人は、自分では暑さへの対応ができない可能性があります。周囲でフォローしてあげて下さい。

1