1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに

東京の四ツ谷[注 2]に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨[23]地方の山奥にある糸守町[注 3]に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、その後も週に2、3回の頻度でたびたび「入れ替わり」が起きたことと周囲の反応から、それがただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。

性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには困難もあったが、お互い不定期の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。

しかし、その入れ替わりは突然途絶え、なんの音沙汰も無くなってしまった三葉を心配した瀧は、記憶をもとに描き起こした糸守の風景スケッチだけを頼りに飛騨へ向かう。瀧の様子を不審に思い、心配していた友人・藤井司とバイト先の先輩・奥寺ミキもそれに同行する。

しかし、ようやく辿り着いた糸守町は、3年前に隕石(ティアマト彗星の破片)が直撃したことで消滅しており、三葉やその家族、友人も含め住民500人以上が死亡していたことが判明する。

糸守町に隕石が落下!住民たちは

質問
君の名はを見たのですが、結局町の人全員が避難できたのはなぜですか?

変電所?の爆破も意味なくてどうしようもない感じだったのに、最後に避難訓練で助かったというのがよくわかりません。
あの後、説得に成功したとかそういう事でしょうか?

答え
隕石衝突時に偶然町長の指示で避難訓練が行われていた為に被害者が出なかったという事なので
三葉が父親を説得できたんでしょう

出典ヤフーの知恵袋

8年後

月日は流れ、瀧が「入れ替わり」という不思議な出来事に遭ってから5年後、偶然にも住民が避難訓練をしており、奇跡的に死者が一人も出なかった糸守町への隕石衝突から、8年後へと舞台は移る。瀧は就活の毎日、三葉たちは東京で暮らしていた。

たまに町中でお互いの気配を感じることはあったが、もはや入れ替わりのことは忘れており、ただ「漠然と『誰か』を探している」という、切実な思いだけが残っていた。

さらに月日が流れたある春の日、たまたま並走する別々の電車の車窓からお互いを見つけた2人は、それぞれ次の駅で降り[注 5]、お互いの下車駅に向かって走り出す。ようやく住宅地の神社の階段で再会した三葉と瀧は、涙を流しながら互いの名前を尋ねた。

最終的に2人は

三葉の母親は三葉のように父親の夢を見ていた(入れ替わっていたのかな?)ようなので二人は将来的には結婚することだと思います。(※映画内では描写がありませんが...)

また、お婆ちゃんも入れ替わったときの人に恋をしていた記憶があるような発言をしていたので、互いのことをある程度思い出す可能性もありますね!
そのとき二人はどんな思出話に花を咲かせるんでしょうかねww
想像するだけでほっこりしますね

出典ヤフーの知恵袋

お互いの名前を聞いて、おおまかにお互いを思い出して結ばれると思います

出典ヤフーの知恵袋

結婚して家庭を築いてほしいですね。
まぁ新海さんはそんな展開絶対にやらないとおもいますが…

出典ヤフーの知恵袋

まずは連絡先交換じゃないですか?
それで離れて、また繫がらないってなって
ループ。

出典ヤフーの知恵袋

瀧と三葉は

入れ替わったのを知っているのはおばあちゃんだけなので、おばあちゃんが瀧と三葉が昔、入れ替わって彗星から街を救ったということを思い出させてくれると思います。

出典ヤフーの知恵袋

奥寺先輩は誰と結婚したのか?

あくまでも「裏設定」ということらしいですが、

他の方が回答されているとおり司です。

この場面で司に左手の薬指に指輪が見えますよね。

出典ヤフーの知恵袋

奥寺先輩の結婚相手が実は司らしい 左手薬指に指輪が!! ラストにこんな伏線があるなんて... #君の名は pic.twitter.com/WlsVSOOsio

いやだから奥寺先輩の婚約相手は就活中に婚約指輪してる司だって言ってるじゃん時空を超えた主人公とヒロインに対して近くの人と結婚するというわざとらしく対比表現してるだけ

奥寺先輩が魅力的なだけに 指輪見たときは 「結婚したのか...俺以外のやつと!!」 ってなりましたね

君の名は 最後瀧くんの就活時やたらモブさん達の左手薬指指輪強調してからの もんのすごいさりげに司くんの左手薬指もチラ見せて少し間を置いてから奥寺先輩の左手薬指ドーン!するのはこのシーンを効かせたいのと後からファンが検証した時 なっぬー!こら一杯喰わされた! っなるの狙ってたのかなぁと

「てっしー」と「さやか」はその後

1 2