1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

「質の良い睡眠」が手に入る

寝ているはずなのになかなか疲れが取れないと感じている人は、もしかしたら、睡眠がきちんととれていない「隠れ不眠」かもしれません。

眠る2時間前には食事をすませる

胃に食べ物が入っていると、内臓は食べ物を消化するまで働き続け、カラダは活動モードになります。

そのため、そのまま寝ても、深い睡眠につながらず、睡眠の質が悪くなります。

「眠り小物」を見つける

ふわふわしたもの、肌触りのいいものに触ったり密着したり囲まれたりすると、心地よい触感によって心が落ち着きます。

触っているだけで心が落ち着くアイテムはスムーズな眠りにも有効。お気に入りの抱き枕やぬいぐるみなど、自分の「眠り小物」を抱いて布団に入ってみましょう。

眠る前は深呼吸!

深くゆっくり息を吐く行為は、カラダをリラックスさせるためにとても効果的です。

お腹にも肺にもたっぷり空気を入れて、ゆっくり息を吐く、深い呼吸が理想。

ぬるめの入浴でリラックス

熱めのお湯に長く入ることは体の覚醒を誘ってしまうため、就寝に必要な体温変化を得にくくなります。

高温のお湯は体の負担も増大するため、38度ほどのぬるめのお湯に5~30分つかってみましょう。体をじっくり温めることで、緊張をほどきリラックス効果を期待できます。

ベッドで眠る以外のことをしない。

ベッドに入ってから、スマホをいじったり、読書をしたりする人もいると思いますが、 それでは脳が「ベッドは活動場所」として認識してしまいます。

就寝前の活動は、必ずベッド以外の場所で行うようにし、 「ベッドは眠るための場所」であると、脳に覚えこませることが大切です。

リラックスできる音楽を聴く

ヒーリングミュージックと呼ばれる、副交感神経が優位になる音楽はリラックス効果が期待できます。

食事の工夫

1 2