半導体企業が本社を置く国/地域別に2018年におけるIC販売高(IDMおよびファブレス)をまとめた調査結果を発表した。それによると、トップシェアを獲得したのは米国で、世界市場の過半となる52%を占めている。2位が韓国の27%、3位が日本の7%、欧州6%、台湾6%、中国3%と続いている。

出典日本,対韓輸出規制を7月1日に発表へ 韓国の半導体製造に影響 | カミアプ | AppleのニュースやIT系の情報をお届け

⇒ 半導体の”素材”は日本のシェアが高いので、代替するメーカーを探すのは一苦労で、日本に輸出規制されたら製造が出来なくなります。一方で、半導体は米国がシェアの半分以上を占めていて、日本はもちろん台湾・中国などでも製造しています。日本は輸入コストは上がりますが、他の国から輸入すればいいだけなのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【徴用工問題】ついに韓国に対抗措置発動へ!!

レーダー照射問題、徴用工異常判決、慰安婦問題の蒸し返しなど異常行動を繰り返す韓国政府について日本政府が対抗措置をついに発動!現状についてまとめました。

このまとめを見る