1. まとめトップ

10万頭以上を殺処分も…「豚コレラ」の現状は?

すでに養豚業へ深刻な影響が出ているだけに心配ですね。

更新日: 2019年07月01日

1 お気に入り 2481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■愛知県西尾市の養豚場で「豚コレラ」の感染を確認

愛知県は29日、同県西尾市の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。

県内の養豚場での発生は12例目で、西尾市では初

西尾市内における消毒の実施について 愛知県では、豚コレラの感染拡大防止のため、本日午後5時から、西尾市内の主要道路に消毒ポイントを4か所設置し(別紙)、畜産関係車両の消毒を実施します | 愛知県 - 2019/06/29 - pref.aichi.jp/soshiki/nousei… pic.twitter.com/yRAfNx5yCI

28日夜に養豚場から「子豚5頭が死んで、他の豚にも出血などがある」と通報があり、検査を行った結果、陽性反応がでたという。

この養豚場は、養豚場が密集する「養豚団地」内にあり、隣接する3施設で堆肥運搬車両を共同使用し、市内の別の3施設に豚を移している。

県は計7施設の豚約7600頭の殺処分を開始しており、殺処分が終わり次第、施設の消毒などの防疫措置を10日頃までに完了させる方針。

朝から自衛隊のトラック見かけて、なんでだろ?って思ったら豚コレラ出たんだった()()

愛知の豚コレラってうちの近くだったやん…ビックリした

■豚コレラについて

豚コレラウイルスにより起こる豚、いのししの熱性伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴。

感染豚は唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、主に感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大する。

治療法が無く、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されている。

※人には感染せず、仮に豚コレラに感染した豚の肉や内臓を食べても健康に問題はない

■昨年9月、国内で26年ぶりに感染を確認

これまでに1府4県へ拡大

その後、愛知、長野、滋賀、大阪でも感染が確認され、現在までに約10万5千頭余が殺処分されたが、収束の見通しは立っていない。

■なぜここまで感染が拡大した?

ウイルスが弱毒性なため感染が分かり辛い

国内で過去に流行した豚コレラは、症状が急速に悪化して5日ほどで死んでしまう強毒型だったのに対し、今回は弱毒性。

感染経路が野生イノシシ

感染経路の特定は難しいものの、海外から侵入したウイルスに野生イノシシが感染し、それが農場の豚に伝播したという見方が有力。

手荷物などで違法に持ち込まれた加工品が、家庭や行楽地などで廃棄され、それを食べたイノシシが感染したとみられている。

発生地域周辺の野生イノシシの間では、すでに高い濃度で感染が蔓延しており、対策が難しい現状がある。

初期対応の甘さ

1 2