1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

実写版『地獄少女』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)6作品のまとめ。大沢たかお『AI崩壊』、杉野遥亮×福原遥『羊とオオカミの恋と殺人』、玉城ティナ『地獄少女』、加藤雅也『影に抱かれて眠れ』、アニメ『映画ドラえもん のび太の新恐竜』&『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』。

更新日: 2019年10月21日

8 お気に入り 23215 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『影に抱かれて眠れ』(9月6日公開)

北方謙三の小説「抱影」を俳優・中野英雄の初プロデュースにより加藤雅也主演で映画化。

酒をこよなく愛し、横浜の野毛で2軒の酒場を営む抽象画家・硲(はざま)冬樹の日常が、ある日弟分の岩井が傷を負って現れたことをきっかけに狂い始めていくさまが描かれる。

監督は、国民的大ヒット作品『相棒』シリーズのメイン監督を務めた和泉聖治。ヒロインを中村ゆりが務めるほか、松本利夫(EXILE)、カトウシンスケ、湘南乃風・若旦那、AK‐69、熊切あさ美、余貴美子、火野正平ら、豪華俳優陣が出演する。

主人公の冬樹(加藤)と辻村(松本利夫)、岩井(カトウシンスケ)の3人が、野毛の街でキャッチボールを楽しむ印象的な映像で始まる予告。

平凡な日常が崩れ始める過程や、冬樹をめぐる2人の女性との切ない関係性が描かれたシーンなども登場。さらに、余や火野といったベテラン陣のシーンも盛り込まれ、本作への期待が高まる映像となっている。

◆『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(11月8日公開)

サンエックスの人気キャラクター「すみっコぐらし」初の劇場アニメーション。

2012年に、「たれぱんだ」や「リラックマ」などで知られるサンエックスから発売されたキャラクター。 7周年を迎える今年「日本キャラクター大賞 2019」でもグランプリを受賞している。

すみっコぐらしチーム完全監修の新作ストーリーが楽しめる。絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険が描かれるストーリーとなっており、スペシャルな衣裳やアイテム、劇場版ならではの新キャラクターも登場する。

監督を務めるのは『磯部磯兵衛物語』『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』のまんきゅう。脚本は『銀河銭湯パンタくん』などの角田貴志(ヨーロッパ企画)、アニメーション制作は『アグレッシブ烈子』のファンワークスが担当する。

お気に入りの喫茶店に集まるすみっコたちの姿や、喫茶店の地下に隠された不思議な絵本に吸い込まれていく様が映し出されている。

◆『地獄少女』(11月15日公開)

2005年に同名テレビアニメが放映されて以降、漫画、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台などで幅広く展開され、人気を博してきた『地獄少女』が実写映画化。

午前0時にだけアクセスできるサイト・地獄通信に恨みを書き込むと現れる地獄少女・閻魔あいを通して、人間の弱さや悲しみが描かれる。

あいを玉城が演じ、橋本マナミ、麿赤兒、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、波岡一喜、藤田富らが出演した。

玉城ティナ

一方、顔を包帯で覆われた大場演じる早苗が「地獄通信」にアクセスすると、無数の不気味な手が襲い掛かるという衝撃的なシーンも描かれている。

1 2 3