1. まとめトップ

アルツハイマーの原因は、目にあった…しっかりと目のケアをしていくことが大切だ!!

白内障とアルツハイマーには密接な関係にあったようです。なんと目のケアをしっかりとしないと、脳も老化するようで、白内障になった場合はすぐに治療することが大切です。また、刺激がなければ脳にも大きなダメージがあるので、日々刺激のある生活をしていきたいものですね。

更新日: 2019年07月02日

4 お気に入り 1363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

目は重要な器官だ

一方で、最近の眼科学の進歩によって、これまで不治の病であった多くの目の病気が、治療できるようになってきました。

なんと白内障の悪化が、認知症の原因になっているだと!?

最近の目と脳の関連に注目した研究では白内障による視力の低下が、認知症にも関連しているらしいことがわかってきました。

その通り道である水晶体が十二分に役割を果たせないと脳の認知機能が低下する可能性は十分考えられるわけです

認知症を引き起こす原因の約6割を占めるというアルツハイマー病では、脳内にアミロイドβが蓄積するが、これと同じように白内障の濁りのなかにもたまることがわかった。

白内障は加齢などによって目のレンズである水晶体が濁る病気で、目の前の物がかすむとか、二重に見えるといった自覚症状がある。

白内障の手術がうまくいって周囲がはっきり見えるということは、それだけ脳にいく情報量が増えたことを意味する。

目は様々な事を認識する

白内障のみならず緑内障や加齢黄斑変性のような目の病気が、認知機能低下の要因になることが推測できる。

濁りが軽い場合は、点眼薬で進行を抑える治療をしますが、ある程度進行し、日常生活に支障が出てきた場合は手術を行います。

認知症で最も多いアルツハイマー型認知症は、生活環境や生活習慣と大きく関係していることが判明してきています。

規則正しい生活や、食生活、適度な運動に加え、脳に刺激を与えたり、活性化をうながす行動が効果的と言われています。

決定的な方法がないからこそ、日々の習慣を心がけることが大事になってきます。

目を健康にしましょう。

様々な声が

両親は白内障に関し手術する程では無いらしいですが、自覚症状のある方やお年頃のご家族をお持ちの方々は気を付けてあげて下さいね。 スマートフォン等のブルーライトも要注意です。 「あの病気」、原因は意外にも目にあった(プレジデントオンライン) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

人ごとではない 「あの病気」、原因は意外にも目にあった 白内障で認知機能低下の可能性あり:PRESIDENT Online - プレジデント president.jp/articles/-/291… @Pre_Onlineより

刺激のある生活って健康の維持にも重要ですね。 「あの病気」、原因は意外にも目にあった 白内障で認知機能低下の可能性あり:PRESIDENT Online - プレジデント president.jp/articles/-/291… @Pre_Onlineさんから

1 2