1. まとめトップ
  2. おもしろ

満面の笑み…みんなが報告した『友人の一言』が色々と響いてくる

Twitterで見かけた印象深い「友人の一言・友達の言葉」などをまとめました。ジワジワきそうになるものからハッとさせられそうになるものまで色んな意味で心に響いてきそうなセリフが沢山ツイートされていました。

更新日: 2019年07月03日

39 お気に入り 96819 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

このまとめは、Twitterに投稿された体験談・エピソードや考え方などのツイートをまとめたものです。

futoshi111さん

◆満面の笑みで…

友人が10才以上年下の若者に 「俺、全然彼女できなくて...」 と言われて 「あはは、若いなぁ!」 と先輩風吹かせて、満面の笑みで 「慣れるよ」 って言ってて格好よかった。

「慣れる...ですか?」 若者は不思議そうな表情を浮かべた。 友人は笑顔のまま頷くと居酒屋のカウンター席に置かれた空の花瓶を指差した。 「キミはあれを見て寂しいと思うかい?」 「え?..あ、いや」 若者は突然の禅問答に戸惑った様子で友人と花瓶を交互に見比べた。 「花を飾るから、寂しいんだ」

友人は綺麗な目でそう言った。 そして、 「俺らは花瓶。ずっと空の花瓶なんだ。一度でも花を飾ると物足りなくなってしまう。だったらポカン口を開けたままの陶器でいいじゃないか。なぁ?」 友人はそう言うと僕に同意を求めて来た。 巻き込まれた。 僕は彼が花を彼女というものに喩え、

花も水も要らないでいいじゃない、と言おうとしている事が分かった。 僕と肩を組んで。 「いや、僕は一応学生時代に...」 そう反論しようとした刹那、 友人は見たことのない鬼の形相で僕をギッと睨んだ。 それはもう、友情関係にある人物への視線ではなかった。 若者への教育のためのものではない。

完全なる嫉妬だった。 友人は僕から目を離さない。 若者は忘却の彼方へ置かれてる。 これは花瓶で頭カチ割られるかもしれない。 僕はそう危惧すると 「...学生時代に女の子と手を繋いだことがある」 と、過去の自身の恋愛を下方修正して伝えた。 「ウン、それは花未満」 彼は満足して笑みを浮かべ

じゃりン子チエの如く、剥き出しになった前歯を見せて来た。 それはヤニで黄ばみエナメル質も見当たらない、 まるで居酒屋で放置された花瓶のような質感だった。 「これが女性とキスしたことない歯か」 僕は歯科衛生士のように学びを得た。 季節は初夏。 店先の風鈴がちりん、と微風とキスをした。

@otamiotanomi シンプルにして洗練された文章。ちょっと胸が締め付けられます。片岡義男かおたみさんか。。

@otamiotanomi 哀しすぎてフフッと笑ってしまうよ 人は哀しい時にも笑うんだね…

◆500いいね押したくなりました

めちゃくちゃ可愛い女友達が「お前自分のこと可愛いと思ってんだろ!」としょうもない男に言われた際に、「思ってるよ。私可愛いじゃん。自分が可愛いってことを自分で分かってないと、自分を守れないんだよ。」と言っていて、500いいね押したくなりました。

この発言をした、私の友人のTwitterアカウントです。本当にめっちゃ可愛いゾ。 @kikidayo_97 pic.twitter.com/rh2ljgsdEe

「私はかわいい」という発言には語弊が生じそうだけど 自分の容姿レベルは自負していて、 「学校やクラスにいたらかわいい」レベルのかわいいであり 決して橋本環奈レベルで可愛いだなんて思ってないです。そこまで頭やられてないです。

◆すっごくカッコよかった

あのねあのね、昨日友達5人でラーメン屋行ったんだけどさ デブな友達が大盛を頼んだら予想以上にでっかいラーメンのが出てきて、これは無理だろーみたいな雰囲気になってたらそいつペロリと食べて放った一言「知らなかったのか?俺はデブだぞ」がすっごくカッコよかった

◆友「学年10位!?おまえすごいな!」

友「学年10位!?おまえすごいな!」 俺「そんなことないよ」 友「なんでそう思うのさ?」 俺「世界で1番高い山わかる?」 友「エベレストだろわかるぞ」 俺「じゃあ10番目は?」 友「アンナプルナ」        終      制作・著作      ━━━━━       ⓃⒽⓀ

@Kkyokusin 友「学年10位!?おまえすごいな!」 俺「そんなことないよ」 友「なんでそう思うのさ?」 俺「世界で1番高い山わかる?」 友「エベレストだろわかるぞ」 俺「じゃあ10番目は?」 友「チョモランマ」 俺「・・・」

◆言われ震える

1 2 3