1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

育児を3倍楽しむ (゚ロ゚)!?『ズボラ育児』に今大注目!!

ママがストレスを溜めないように、家事と育児と適度にするためのコツを紹介します。

更新日: 2019年07月08日

65 お気に入り 79194 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

「子育てはこうすべき」

今回は、子育て中のパパママが実際に行っているオススメの手抜き方法を伝授!

きっと目からウロコの方法があるはずです♪

▼ 授乳は○○しながら

たとえば、寝たまま授乳する「添い乳」、テレビを見たりマンガを読んだりしながら授乳する「ながら授乳」。

「歩きながらすることもある」というママも……。

一見なんだか不真面目そうにも見えますが、頑張りすぎて倒れてしまうよりは、こうしたラクチンスタイルを取り入れて上手に息抜きする方がいいのかもしれません。

もちろん赤ちゃんが母乳を喉に詰まらせていないか、ちゃんと呼吸できているか気を配ることは大切です。

▼ 手抜きな食事は意外と子どもが好きな場合も

ママ友が友だちの子どもにママの作る料理の中でなにが好きなのか聞いたところ、「納豆ごはん」や「お味噌汁」などシンプルなものがほとんどだったそうです。

子どもが小さいうちは、素材の味を生かした料理を好む傾向があるようですね。

▼ 何でも「ごっこ遊び」にして楽しむ!

「いらっしゃいませ」「今日のご注文は何ですか?」「少々お待ちください」「お食事はお済ですか?」のように、お店屋さんごっこをしながらやれば、兄弟が競って箸を並べたり、コップを持ってきたり、食器を重ねてそーっと運ぶの術も完ぺきです!

ごっこ遊びを楽しむポイントは、子ども用掃除用具や家事専用エプロンで子どものやる気を引き出すこと! あなたも子どもと一緒に楽しみながら家事をこなしてみてはいかがですか?

▼ 洗濯物を減らす方法

とくに今の季節は、洗濯の悩みは尽きません。天気が悪くて外に干せなかったり、汗をかいて着替える頻度が多くなったり…。ママを悩ませる要因に。

寝汗の多い子は、背中とパジャマの間にタオルを入れて、夜中にタオルを引き抜けば、着替えの手間と洗濯物を減らせて一石二鳥ですよ。

▼ 離乳食のレトルトを使う

手作りで全て栄養を賄おうと考えなくて済みます。

育児の中で、ストレスナンバーワンはご飯ですからね。

育児雑誌などたくさん読んで、離乳食の勉強はしますが、とても全部できる気がしない。。また、疲れ切っている時にごはんの準備が2分で済むのもとーっても助かっています。

▼ 泣いても抱っこしない

赤ちゃんが泣いたらすぐに抱っこしてなだめてあげるのが日本流ですが...

フランスでは泣いている赤ちゃんを抱っこ以外の方法でなだめてあげることが多いのだそうです。…

これは泣いたら抱っこしてもらえる、と赤ちゃんが考えるのを防ぐためで、抱っこの代わりに、背中を軽く叩いたり、歌を歌ってあげたり。

なかには「泣くのも運動のうちだから」と泣いている赤ちゃんを放っておく強者のママも。

1 2