1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

急な雨で傘を持っていない。

傘を持っていないと、急な雨に対応できない。油断して家に傘を置いてきてしまった‥。

いろんなアイデアを紹介していきますので、あなたが使えると思ったものをピックアップして使ってくださいね。

新聞紙や雑誌、カバンで代用

少しの距離であるなら、新聞や雑誌、カバンなどがあれば、頭などごく一部は守れます。

最近は無料の求人情報誌や店舗情報誌などがいたるところで置いています。

本来の目的ではないので、これらを配っている人が見ると怒られるかもしれませんが、これらを緊急に傘代わりに使う人も時々見かけます。

レジ袋で雨を防ぐ!?

応急処置としてレジ袋やゴミ袋で身体全体を上手く覆い、簡易カッパのようにコーディネートをするやり方もあります。

恥ずかしさ覚悟で、レジ袋で雨を防ぐ方法を選ぶかはあなた次第です。

人に入れてもらう

一緒に帰る友だちがいる人はこれが1番適当でしょう。というか雨が降っていて傘がないときにはたいていの友達は「傘入る?」と言ってくれるでしょう。

一緒に帰る友だちがいない人は、前々から気になっていた同じ駅で降りるあの人に声をかけてみましょう。

堂々と乗り切る

これも見方を変えれば、雨の日を乗り切るコツと言えます。そもそも「雨が服に当たるのはダメ」という決まりは1つもありません。

そんな法律はないんです。あったらみんな捕まってしまいますね。ただの自分の固定観念です。つまり「雨は当たってなんぼ」のものです。

直接傘入れて!と言うのが恥ずかしい方は、「雨……降ってきちゃったな……」と物憂げな表情を浮かべてつぶやいてみてください。優しい人なら「入ります?」ぐらいは言ってくれるでしょう。

雨を避けながら帰る

私たち日本国民は忍者の末裔です。雨を避けながら移動するなど造作もないこと。あちらの軒からこちらの軒へ、雨を避けられそうな場所を瞬時に見つけて移動するのです。

この方法で雨を避けると、脚力の鍛錬になる他にも観察力がつくという効果もありそうです。きっと戦国時代に生きた忍者たちもこういった自然現象を使って修行をしていたのではないでしょうか。

雨やどり

1 2