1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさに世紀末…メキシコで「雹が2Mも降り積もる」という怪現象

メキシコで世紀末とも思われるような現象が。なんと雹が2mも降り積もり、車が押し流されるという被害も出ているようです。

更新日: 2019年07月02日

8 お気に入り 21820 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■メキシコ

メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面する

はアメリカ合衆国、南はグアテマラとベリーズに国境を接している。西は太平洋、カリフォルニア湾、東はメキシコ湾、カリブ海に面している。

北アメリカだがアメリカ合衆国やカナダと違ってラテンアメリカ、つまりスペイン系の国である。正式名称はメキシコ合衆国

■このメキシコに「大量すぎる雹(ヒョウ)」が降った

6月30日、大量のひょうが降り、住民を驚かせ、車が立ち往生した。ひょうは最も多いところで2メートル積もった

メキシコのグアダラハラで大量のひょうが降り、多いところで1メートルを超えるひょうが積もった。これほど大量のひょうが観測されるのははじめて。

ハリスコ州のエンリケ・アルファロ(Enrique Alfaro)知事も、「グアダラハラでこんな光景は見たことがない」と驚きを示した。

■まるで世紀末のような現象だ

「気候変動は現実なのかと自問させられる。これらこそ、今まで誰も見たことのない自然現象だ。信じ難い」

地元メディアが報じた写真には、ひょうが道路の大部分を覆って交通が麻痺した状態や、ひょうの下にほぼ完全に埋まった車も写っている。多くの建物が倒壊した。

家屋と事業所合わせて200軒近くがひょうによる損傷を受けた。また丘陵地帯では少なくとも50台の自動車が氷の濁流に押し流され、中には氷の下に埋没した車もあった

■このニュースは日本でも話題に

考えたら積もるほど雹が降り続くというのは聞いた事がなかったな/それにしても積もっても雪とは明らかに違うんだなぁ / 他99件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/s/www.af… “メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News” htn.to/dUzgDjpid7

メキシコの雹災害に驚いて、メキシコ在住の知己に連絡しちゃった。 在住地からは車で2時間くらい距離あるけど、現地のお友達は若干支障があったとか… メキシコの皆々様、お見舞い申し上げます。

雹が2m積もった!? 5、6年前に三鷹でも20センチくらい積もった事があったが、2mは凄まじいな。 ⇨ メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も afpbb.com/articles/-/323… @afpbbcomより

人口500万人の年に・・・ひょう河だ!! 直径2mのひょうがあったら怖いけど、2m積もるのも怖い!! メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も afpbb.com/articles/-/323… @afpbbcomさんから

すっご。写真のインパクトすごすぎ。しかも30度の日に。一方フランスは45度のニュース。色々不安になる。 メキシコの大都市で大量のひょう 最高で2m、押し流された車も 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News ow.ly/IrNp30p2T4x

■雹は今の時期(初夏)に多くなる

雹は5~6月の初夏に発生しやすい。その理由は、この時期は地表が暖かく、上空には冷たい空気がある状態だからだ

盛夏にあたる8月前後よりも初夏の5 - 6月に起こりやすい。また日本海側では冬季にも季節風の吹き出しに伴って積乱雲が発生するので降雹がある。

積乱雲の上部で小さな氷の結晶(氷晶)が雪に成長し、これに、0℃以下になっても水の粒のままの過冷却した小さな水滴が付いて氷あられ(小粒のひょう)になる

■この時期は「関東地方」で多いという

1 2