スゴすぎる…!10代を熱狂させてる「カリスマJK」たち

21世紀生まれの女性アーティストたちが逸材揃いすぎると話題に。椎名林檎2世とも言われる「みゆな」、野心家18歳「KAHOH」、女優・モデル・シンガーとマルチに活躍する「内田珠鈴」、独特な空気感が人気を集める「MANON」、カラオケ番組出身の新星「琴音」を紹介します。

更新日: 2019年07月08日

75 お気に入り 139319 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「椎名林檎2世」とウワサされる逸材

年齢からは想像できないような艶やかな歌声を持つ彼女は、音楽配信サイト「Eggs」でも、デモ音源が何週にもわたってランキング上位をキープするなど、大いに注目を集めている

「ふわふわ」
中学3年生の時に買ってもらったギターで、初めて作った曲だという。

感情を詰め込んだ、いまにも泣き出しそうなパワフルな存在感を持つ、間違いなくシーンの潮流の先端を歩くであろうフレッシュな新しい才能

刺しにくる力は椎名林檎~阿部真央~あいみょんという才能の系譜に連ねてみたくなる凄まじさ

「僕と君のララバイ」
テレビ東京で放送中のアニメ「FAIRY TAIL」エンディングテーマ曲。

小学生の頃から陸上部に所属していた。中学生時代、全国大会へ出場する逸材であったが、腰を骨折したことによって挫折を経験。その後、心機一転もともと好きだったという音楽活動をスタート

リハビリ期間中に歌のオーディションを受けたら、そちらで全国へ行けた

そこで音楽関係者たちの目に留まり、シンデレラストーリーが始まる。

みゆなの曲まじでいい曲ばかりだし、声が本当に好き。これで16歳らしいからほんとほんと…。みんな聞いて欲しい

夢は大きく!超絶野心家の18歳

2001年生まれ。和歌山県出身。

「せっかくこうやってスタートラインに立てたんだから、1番になりたくないですか? 誰かの二番煎じで終わるなんて絶対嫌なんです。やるなら絶対に1番がいい」

「自分は(アーティストに)なれると思ってたんですよ。ずっと自分に『絶対に私は人と違う』と言い聞かせてきた」

すげぇ…

2018年にTWIN PLANETとSTARBASEによる新人アーティスト発掘オーディション『STAR ARTIST 2018』で審査員特別賞を受賞

デビューからわずか4ヶ月で、“ViVi Night 2019“への出演、流派-Rなど各メディアでの特集が組まれるなど、話題の17歳高校生R&Bシンガー

「毎日楽しいことがたくさんあってワクワクしています。でも楽しいだけじゃなくて、デビューしてプロになったわけだから、もっとみんなに届く歌を歌わないといけない」

「私の歌を届けるって、自分だけができることだと思うんです。この声は私しか持ってないし、歌い方も真似はできるけど誰も私には絶対なれない」

そうやってわかったふりして ずっとそこに居ればいいよ 私は進んでいくから

私は音楽が好きでここに立ってる 誰かに作られる人生とは違う 中途半端な君とは違う

「みんなが聴こうと思って私の歌を聴くんじゃなくて、道を歩いていると私の歌が勝手に聞こえてくるようになったとき。今ならアリアナ・グランデみたいな」

「行けるところまではどこまでも行きたいんです。The Beatlesやマイケル・ジャクソンなんて、ものすごい勢いで走らないとなれないじゃないですか。私、自分のことを追い込んでないとだめなんです」

1 2 3