1. まとめトップ

平成の日本車は凄かった!名車10選! その7

平成の「名車」をまとめました!!

更新日: 2019年07月05日

1 お気に入り 1046 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

WLM64さん

トヨタ・エスティマ(TCR10/11W/TCR20/21W型)(平成2年)

1989年に幕張メッセで初開催された第28回東京モーターショーにコンセプトモデルとして出展。「動くカットモデル」の展示は大きな話題となった。それから約半年後の1990年5月12日に市販化され、その卵をイメージさせる未来的なスタイルで「高性能ニューコンセプトサルーン」として注目を集めた。従来のワンボックスカーでは前輪前・運転席下に位置しているエンジンを、横に75°寝かせることにより平床化に成功、前輪も運転席の前方に置くことにより、世界にも例を見ないアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用され「ミッドシップは室内が狭く実用性に欠ける」という常識を覆した。

商用グレードを用意しない独立モデルであり、サスペンションも前軸はマクファーソンストラット式、後軸はダブルウィッシュボーン式の4輪独立懸架を採用。発売当時はモノグレード体系・7人乗りの1種類のみで、駆動方式はミッドシップと四輪駆動。搭載されたエンジンは2TZ-FE型・直列4気筒2438 cc(135馬力)の1種類であった。

マツダ・MPV(LV5W/LVEW/LVLW/LVLR型)(平成2年)

駆動方式はFR。プラットフォームはルーチェ用のマツダ・LVプラットフォームをベースにしているが、リアサスペンションは固定軸式である。初期モデルのリアドアの窓は固定式で開閉出来なかった。変速機は後に追加される多くのグレードも含めてコラム式4速オートマチックのみであった。ミニバンというよりクロスオーバーSUVというカテゴリに分類される車である。

日本仕様は当初、エンジンはV6・3000ccの本革仕様のみで車両本体価格は355万円。モノグレードでボディカラーも1色のみで通常設定とツートン設定のみだった。マツダはミニバンとは呼ばず、「新しいカテゴリーの多目的高級サルーン」と呼んでいた。

1990年1月 - 国内販売開始。
1991年10月 - マイナーチェンジで日本仕様のみアンフィニMPV(εfini MPV)へ改称。アンフィニ店専売車種になる。
フロントグリルを変更したほか、従来の「本革シート仕様」に加え、「ファブリックシート仕様」2グレード(仕様により、タイプA(319万円)とタイプB(299万円)の2グレードを設定)を設定した。高級車といわれる位置から一般的に進化するのはここからであった。

1995年10月 - マイナーチェンジ。
フロントバンパーが延長され、全長が200mm延長。フロントグリル及びヘッドライトの変更。バックアップランプの位置をバンパーからバックドアに変更され、インパネデザインも大幅変更。リアドアウィンドウも開閉式(巻き上げ式)に改められた。
グレード体系も大幅に拡大され、2-3-3シートレイアウトを持つ8人乗り仕様、MPV初のディーゼルエンジンである2500ccWL型のディーゼルターボ搭載車の設定及び4WD車も初めて追加された(ただしディーゼルエンジンのみの搭載)。センターデフロック機構と二輪駆動から四輪駆動へ走行中に切替が可能なスーパーデュアル4WDが搭載され、さらに最低地上高が引き上げられたグランツシリーズ4グレードも追加された。これにはフォグランプステー、サイドステップなどが取り付けられる4WDジャケットというオプションパッケージはおろか、三菱・パジェロなどの本格SUVでしか見られなかった傾斜計、方位計、外気温度計までオプションで用意されていた。

1996年10月 - 特別仕様車「タイプGリミテッド」を発売。
メッキグリル、リアスポイラー、ルーフレール、アルミホイールを装備した。2.5Lガソリンエンジン車、2.5Lディーゼルエンジン・2WD車、2.5Lディーゼルエンジン・4WD車(グランツ)、3.0Lガソリンエンジン車の4グレードを設定した。
11月25日 - 一部改良。
アンフィニ店の廃止に伴い車名が再び「マツダMPV」に戻され、ブランドマークもマツダの新CIマークに変更された。新たに「タイプG」・「グランツ タイプG」をベースにロングルーフレール、ダークティンテッドガラス、ルーフスポイラーなど、上級グレードに搭載される装備品の一部を装備した「タイプG-L」、「グランツ タイプG-L」を追加。さらに、4W-ABSやキーレスエントリー(後者は「グランツ タイプV」及び「タイプG」の2.5Lガソリン車を除く)、フロントUVカットガラス、リアヒーター(「タイプG」の2.5Lガソリン車を除く)の標準装備や外内装のリファインを行った。

日産・バネットセレナ(KAJC23/KVC23/KVJC23/KVNC23/ KBC23/KBCC23/KBNC23型)(平成3年)

1991年6月
C22型バネットコーチのフルモデルチェンジ版で、「バネットセレナ」として販売開始。ただし、商用モデルについては、バンについては「バネットセレナ・カーゴ」として発売されたが、C22型も「バネットバン」として継続生産し並行販売、トラックはC22型のみになる。設計・生産は、愛知機械工業が担当。内外の造形も、当時の愛知機械工業デザイン部主導で開発された。
スタイルは小ぶりなボンネットを持つセミキャブオーバーの外観であるが、助手席下にエンジンを搭載するキャブオーバー構造を採用、CD値は0.35である。シフトレバーはフロア式で、フロアパンやドライブトレインを共用する上位車種のラルゴも同様である。トヨタ・エスティマと共に、ミニバンに走りの良さを与えた草分け的モデルである。

「901運動」のさなかに設計されたため、ハンドリングとロードホールディングを重視しており、以下のような特徴がある。
FXグレード以上のリアサスペンションは、ガラス繊維強化プラスチック製の横置きモノ(単板)リーフスプリングを使ったマルチリンクサスペンションを採用。ワゴンのFGとカーゴ(バン)全車は、リジッドアクスルと半楕円リーフスプリングの組み合わせとなる。
最上級グレード「PX」のガソリン2WD車に、スーパーHICASを搭載するツーリングパッケージを設定。SR20DE搭載車・CD20T搭載車は、ビスカス式LSDを標準装備。
トヨタがエスティマに、ハイエースのRZ型直列4気筒エンジンをベースにシリンダーを75°寝かせた形の専用エンジン2TZ型を奢ったのに対し、セレナはFR車用のエンジンを流用し、直立した状態で載せた。そのためフロントシート周りは狭い。
世界初のスライドドアパワーウインドウなど、先取りした内容が多かった。

1 2 3 4