1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ハリーポッターの世界が現実に!ハリポタGO『魔法同盟』の配信がスタート

位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」の配信が7月2日にスタート。

更新日: 2019年07月02日

11 お気に入り 20025 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」の配信がスタート

AR(拡張現実)を活用したスマートフォン向け位置情報ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」の日本での配信が7月2日に始まった。

「Pokemon GO」のように現実世界と連動したAR位置情報ゲームで、街中を歩きながらハリーポッターの“魔法ワールド”を楽しむことができる。

プレイヤーは魔法省特殊チームの一員となり、魔法界の秘密を守るために世界を探索します。

「大災厄」に見舞われてマグル界に散らばってしまった、登場キャラや魔法の道具、魔法生物を回収していくというもの。

魔法界から散らばったものを「ファウンダブル」という。これが地図上に表示されているので、タップして回収に挑む。

プレイヤーは(1)ファウンダブルを回収する、(2)回収を邪魔する悪い魔法使いと戦う──ということを直近の目的として進めながら、大災厄の謎を解き明かしていくことになる。

米国などで先行配信

本作は6月21日から米国など4カ国で先駆けて公開され、22日には提供国を約140カ国に拡大していた。

魔法同盟の配信開始後、1週間で300万ドル(3億2000万円)を世界中で売り上げたとする調査結果を、米調査会社のSensor Towerが発表している。

実際にアメリカのApp Storeでは星4.5を超えており、レビューサイトでも、『ハリポタ』ワールドに没入できるミステリアスな雰囲気や、『ポケモンGO』よりも進化したAR技術を評価する声が上がっています。

ネットでも話題に

ハリポタGO入れてみたけどいきなりわけわからなすぎて笑ったwwwwwwww pic.twitter.com/8WyfG2xJfK

ハリポタGO始めたら講義室でハグリッド捕まってて爆笑しながら捕獲した pic.twitter.com/jpJ8JpiDMs

ハリポタGOやってみたけど訳わかんなくて逆に面白い ハグリッド回収しました pic.twitter.com/xPKHaZpew9

1 2