1. まとめトップ
  2. 雑学

世界最小のウサギが可愛い!『ピグミーラビット』って知ってた?

ウサギ科の中で一番小さい『ピグミーラビット』についてまとめてみました。他にも種類は違いますがうさぎの可愛いすぎる画像も載せてみました♪

更新日: 2019年07月06日

65 お気に入り 54946 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chica.kさん

◆ピグミーラビットって?

世界で一番小さいウサギとされている。野生種で最も小さなウサギ。

ピグミーラビットは、その小さいサイズ、短い耳、グレーカラーの毛皮、小さい後ろ足、尾の白い毛皮がないことによって他のウサギ科と区別がつきます。

ワシントン州の固有のうさぎさんでワシントン州+コロンビア川台地+グレート・ベイスンと呼ばれるネバタ州を含む盆地等に生息しているそうです

本種はアメリカ合衆国では絶滅が危惧されている。IUCNでは経度懸念という扱いに留まっている。

◆気になる大きさは?

人の手のひらにすっぽりとおさまるぐらいの大きさ

大人で平均体重は約375~500g、体長は23.5~29.5cm。 メスはオスよりわずかに大きい。

その小さな体格を活かし、草の生い茂った水辺などに地下トンネルを作り、天敵から身を守るためにそこを住処とします。

巣穴は通常、セージブラシ植物の根元の斜面にあり、北から東に面しています。 トンネルは地表の下で広がり、部屋を形成し、最大深さ約1メートル(3.3フィート)まで伸びています。

◆何を食べているの?

「ピグミーPygmy」とは?

『Der Naturen Bloeme』にも、冬のオケアノスの風物詩、武装したピュグマイオイ(こびと)VS鶴のバトルが描かれている(鶴の顔が怖い) pic.twitter.com/U62SfEkxvV

アフリカの熱帯降雨林に居住する採集狩猟民。名称はギリシア伝説のピュグマイオイに由来する。

※(pygmē=肘から拳までの長さ 約35cm)が語源

◆ピグミーラビットのかわいらしい映像♪

可愛いらしい姿を実際の映像で見て下さいね♪

ピグミーラビット 30cm500gしかないとかまじで??かわゆい・・・ pic.twitter.com/zM7BG3GuFc

アメリカに生息する世界最小のピグミーラビット、大人になっても子ウサギのサイズ。 以前からではあったのですが 度重なる火事によって行き場をなくし ついには絶滅危惧種になってしまったらしい。 守っていきたいころちんです。 youtu.be/S_GqvnYvt18 pic.twitter.com/ZBhvtiCEfk

◆ピグミーラビットではありませんがかわいすぎるウサギ♡

1 2