1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア
23 お気に入り 25177 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼6月、7月は梅雨の季節です

梅雨が本格的に始まって、雨の日が多くなってきましたね。

梅雨の時期は特にカビ、細菌が増殖しやすいので いつもにも増して注意が必要なんです

湿度高くて溺れ死ぬかカビ菌かキノコ菌に蝕まれて死にそう。梅雨がなく夏が長かった去年に思いを馳せている。

梅雨時期に発生する、衣類のニオイの原因元のカビ菌ですが、湿度50%以上で繁殖し、65%以上で増殖します。

▼お風呂などは気にしてる人も多い!

浴室は、住宅の中で最も湿気が多い場所なのでカビの温床になりがちです。日頃からカビ対策を十分に行う必要があります。

浴室のカビ対策は、カビが生える条件をなくせばいいのです。

おはようー 梅雨ですね☔️ カビキラーでお風呂場のカビを掃除しときます。その後訓練へ お昼過ぎからお仕事へ 今日もファイトだ雨男

梅雨が来る前にやりたかった事。それは、お風呂のカビ取り!!カビキラーやって、綺麗になったぞー!あとは、買い物に行ってる間に防カビ剤噴射!!

お風呂とトイレが一緒のワンルーム住みの頃は、いつもカビとの戦いだった(´д`) その頃買ったオモチャみたいな除湿機はかなりいい仕事をしてくれたが、コイツが今でも梅雨時の部屋干しで大活躍してくれてる。 安くても除湿機えらい!

しかしここは見落としがちでは?

▼衛生的に気を付けなければいけない歯ブラシ

ライオン株式会社によって毎月8日を「歯ブラシ交換デー」とすることが制定されました。2017年12月に認定。

▼なぜ1か月に1回と言われているのか?

口の中には300~500種類ほどの細菌が住み着いていますが、歯ブラシにもその細菌は付いてきます。

約1か月使用した歯ブラシには100万個もの細菌が付着していると言われています。 その量はなんと!トイレの水の80倍。

歯ブラシは、1か月程度で新しいのに取り替えたほうがいいそうだ。もの凄い数の菌が付着しているから。全然知らなかった。

朝起きたときの口とか、梅雨の時季の歯ブラシとか、菌の繁殖で比べられる便器は東京ドーム級。

▼1か月に一回交換してるからって本当に大丈夫?

1 2