1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●10月に予定されている「軽減税率制度」

10月に予定されている消費税率10%への引き上げと同時に導入される軽減税率制度

今回は景気の減速を回避するために景気対策や所得による不公平感を減少するための「軽減税率」が導入される予定となっている。

2%分の増税が家計に与えるインパクトは決して小さくなく、政府はさまざまな対策を検討しています。

●6月には、国税庁が事業者向けリーフレットを公表

国税庁は6月13日、軽減税率実施に向けて、事業者向けリーフレット「軽減税率制度への対応には準備が必要です!」を公表

10月1日から実施する、消費税の8%から10%への引き上げに伴い導入する軽減税率の周知と、税率ごとの商品管理やレジ・受発注システムの整備などの事前準備を促す施策。

軽減税率制度は、酒類と外食を除く飲食料品などの対象品目に税率8%を適用するもの

対応には税率を区分できるレジや価格表の改定が必要となる。

●「軽減税率」の主な対象品目とは?

「よくわかる消費税軽減税率制度」(令和元年7月版)を作成しました。 内容については国税庁ホームページをご覧ください。 nta.go.jp/taxes/shiraber… pic.twitter.com/cSwWN4QflV

1.飲食料品(食品表示法に規定する食品(酒税法に規定する酒類を除く)をいい、外食は含まれません)2.定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

とりあえず「食料」「新聞」が対象となりますが、今後海外の事例を踏まえ「生活必需品」というカテゴリで、軽減税率の対象となるものは増えるのかもしれません

ただし、飲食料品でも「生鮮食品」と「加工食品」は対象だが、「酒類」や「外食」などは生活必需品でないとして除外されている。

●あるTwitterユーザーでは、生理用品や子供用オムツが入っていないことを指摘

7月3日、あるツイッターユーザーが、対象品目に生理用品や子供用オムツ、介護用オムツなどが入っていないことを指摘したことが発端

ネットでは「新聞が安くなって生理用品が安くならない理由に納得がいかない」「トイレットペーパーとか生理用品軽減税率対象外っておかしくない?食品と同じくらい必須じゃん」と、不満の声が噴出

●ネットでは「軽減税率」について様々な声が上がっている

ぬぁーん。日用品全般軽減税率入んないのか。洗剤とか高くなるの困るぜ

軽減税率の対象は今後変わるだろうとして、真っ先に新聞が入ってるのがおかしいだけだと思う

軽減税率って食品だけかと思ってたら新聞も適用されるのか。 なぜ。。。。。 nta.go.jp/taxes/shiraber…

マジ?じゃあスマホの端末と回線も軽減税率よろしくって感じだが あと課金

日用品が軽減税率じゃないって怒ってる人いるけど、飲食品と新聞だけだからな…。しいて言えば新聞ってなんだよって話くらい。

軽減税率の話が出てきたときに、すでにいわゆる生理用品がその対象外って分かっていたのでは? 今更感。

1 2 3