1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

日本人必見『東京裁判』も!8月公開のおすすめ「邦画」

2019年8月公開のおすすめ「邦画(日本映画)」5作品のまとめ。『東京裁判』、『ダンスウィズミー』、『火口のふたり』、『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』、『引っ越し大名!』。

更新日: 2019年08月24日

15 お気に入り 12610 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『東京裁判』(8月3日公開)

「人間の條件」「切腹」の名匠・小林正樹監督が、戦後日本の進路を決定づけたともいえる極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録を、膨大な映像群からまとめあげた4時間37分におよぶ歴史的ドキュメンタリー。

1983年製作・公開。2019年には、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復された4Kデジタルリマスター版が公開される。

原一男は「日本の民主主義が未曾有の危機にある今こそ我々は、この作品=歴史から学ぶべきことが山ほどある」と述べ、森達也は「僕たちが暮らすこの国の原点のひとつが、まさしくここにある」とコメントを寄せた。

4kリマスターで東京裁判公開されるそうだ 絶対行こう

『東京裁判』、上映時間4時間37分ですからね(笑) 家のモニター鑑賞なら挫折するでしょう。映画は道連れ。退路を絶って、ちょっとハイになって映画館に飛び込んで来てください(笑)

◆『ダンスウィズミー』(8月16日公開)

『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などの矢口史靖が監督を務め、自身初のミュージカルに挑んだコメディー。

ミュージカルスターになる催眠術をかけられた女性が、ゆく先々で騒動を起こす。

三吉彩花が主演を務め、ミュージカルシーンの全ての歌とダンスを吹き替えなしで演じる。共演には、お笑い芸人のやしろ優、シンガーソングライターでモデルのchay、「怒り」の三浦貴大、「銀魂」のムロツヨシ、ベテラン俳優の宝田明ら個性豊かなキャストが集結。

ダンスウィズミーの試写会に行ってきました!三吉彩花さんのダンスしなやか!脇を固める面々の濃さ!ムロさんは安定のムロ!笑 観終わった後は脳内ミュージカルがとまりませんでした。あと個人的に取り立て屋3人組が好きです…! #ダンスウィズミー pic.twitter.com/B0xt6kMmJd

映画『#ダンスウィズミー』の試写会に行ってきました! 催眠術にかかった様に笑う!踊りたくなる!そしてミュージカルが好きになる☺️ジェットコースターのように緩急入り混じった新感覚矢口ミュージカル!この夏一番暑い映画間違いなし❗️ pic.twitter.com/5NGGvmqNUi

◆『火口のふたり』(8月23日公開)

欲望に身を委ねる男女の行く末を綴った白石一文の小説を柄本佑&瀧内公美主演で映画化。

10日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田で昔の恋人・賢治と再会したことをきっかけに、欲望のままに生きていた青春の日々を思い出し「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」と提案する。

「幼な子われらに生まれ」「共喰い」などの名脚本家で、本作が監督第3作となる荒井晴彦が監督・脚本を手がける。

試写会にて、『火口のふたり』荒井晴彦監督。我々がいかに脆弱で不安定な世界に生きているか、3.11以後久々に思い出さされた。そして『身体の言い分』に従い本能的に性に耽溺する、ふたりの切なく美しい生命賛歌。主演のふたり、何と言っても瀧内公美さんが、美しすぎた。 kakounofutari-movie.jp

8月23日から全国公開される『火口のふたり』、試写にお呼び頂き、一足先に観させて頂く。 キャストは柄本佑さんと瀧内公美さんのみ。お二人の声が本当に最高で、音声だけでも楽しめそうだった。瀧内さんの声がふと優しくなる所とかもうね…。続く→ #火口のふたり pic.twitter.com/Hn3Lk13rEZ

◆『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』(8月23日公開)

2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンにランクインするなど社会現象になったドラマ「おっさんずラブ」を映画化。

1 2