1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ジャイキリ続出!今年の「天皇杯」が面白すぎる

これがあるから天皇杯は楽しいw

更新日: 2019年07月04日

2 お気に入り 13541 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■日本一のチームが決まる「天皇杯」

日本プロサッカーリーグ(J1, J2, J3)、YBCルヴァンカップ(旧:ヤマザキナビスコカップ)と並ぶ、日本の国内3大タイトルの1つ。

日本最大のオープントーナメントで、J1・J2の40チームに加え、都道府県代表47チーム、シードチームの計88チームが参加。

決勝戦は元旦に新国立競技場にて行われ、優勝チームにはACL出場権と賞金1億5000万円などが贈られる。

■そんな天皇杯で早くも波乱!

2回戦からはJ1・J2勢が登場したが、天皇杯では名物となっている”ジャイアントキリング”が早くも起きた。

ジャイアントキリング…「番狂わせ」「下剋上」のこと

■J1勢が相次いで敗退…

名古屋は鹿屋体育大に0-3で惨敗

ペースを握りながらも得点を奪えず前半を0−0で折り返すと、後半開始早々に失点し、その後も2失点。

FT:名古屋グランパス 0 - 3 鹿屋体育大学 ⚽️46’ 伊藤龍生(鹿体) ⚽️67’ 根本凌(鹿体) ⚽️81’ 藤本一輝(鹿体) 天皇杯2回戦敗退です。最後までありがとうございました。 #grampus

グランパスにブーイングの後、鹿屋体育大の選手と盛り上がるゴール裏 なんだこの光景 鹿屋体育大の選手たち グランパスのゴール裏まで挨拶来てくれてありがとう 次の試合も頑張って!! #グランパス #天皇杯 pic.twitter.com/WffdDUHxGt

今は鹿児島が豪雨で大変だし、遠征してJ1グランパスに勝利した鹿屋体大の選手たちは称賛されるべきだな

■湘南はJFLのヴィアティン三重に0-4

三重のハイプレスに圧倒され、J2山形でプレー経験があるFW坂井にハットトリックを許すなど、後半26分までに4失点。

主力のMF梅崎、FW武富らを投入して反撃も、最後までゴールを奪えず、リーグ戦5連敗中の悪い流れを止められなかった。

天皇杯 JFA 第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 ヴィアティン三重戦は0-4で試合終了。天皇杯2回戦敗退となりました。 本日も熱いご声援、ありがとうございました。#bellmare

戦術云々は全く自分にはわからない、ただ今日言えることは三重は最後まで得点を入れる気満々だった。 湘南は取られた点を同点、逆転にする気力が全く伝わってこなかった..... 久しぶりに心の底から悔しいと思った。 pic.twitter.com/VgpRVcxvaw

今日の天皇杯。名古屋と湘南と札幌はちょっと残念。 主力じゃないメンバーが主体だったにせよ、J1のチームとして… リーグの中でそんなにチーム格差もなく、どのチームが上に来るかがわからないのがJリーグの良さではあるけど、さすがに大学とかJFLとかには勝って欲しかったなぁ…

札幌はアマチュア最強のHonda FCに敗戦

31分までに2点を先行される苦しい展開も、33分に中村桐耶が1点を返すと、55分には藤村怜が決めて同点に追いつく。

1 2