1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

専門店も数多くあり大人気のパンケーキ

ふわふわやもっちり食感の“スフレパンケーキ”、フレンチトーストの味わいも加えたハイブリットな“フレンチパンケーキ”など、東京の原宿・表参道・渋谷エリアを中心とした全国のパンケーキ店やカフェからは、様々なレシピを取り入れたメニューが展開されている。

ホットケーキの魅力はおうちでも簡単に作れるところ

スーパーに行くといろんな種類のホットケーキミックスがならんでいますよね。

お店で食べるのも絶品ですが、やっぱり自宅で作るホットケーキもいいものです。

「パンケーキシンドローム」って聞いたことありますか?

パンケーキが食べたくてしょうがなくなり、脳が正常な判断が下せなくなってしまうことがある。

名前だけ聞くと「パンケーキ食べたいよぅ」と禁断症状を訴える病気に思えますが違うんです。

最悪の場合“死に至ることもある”パンケーキシンドローム

パンケーキシンドロームとは保管状態の悪いミックス粉(パンケーキのもと)で調理されたものを食べることで起きるアレルギー症状のこと。

主な症状としてはは皮膚症状が多く、全身の紅斑こうはん、じんましん、かゆみなどが出るほか、呼吸困難が苦しくなったりすることもあります。

重症のケースではアナフィラキシーショックを起こし、最悪の場合は死に至ることもあるため、注意が必要です。

パンケーキ食べて死ぬ「パンケーキシンドローム」って言葉初めて知った。

原因は粉の中に潜む「ダニ」

「お好み焼きの粉を調べてみたら半分くらいダニだった」「粉がモゾモゾ動いているのを見てしまった…」など、ホラー映画も真っ青な恐怖体験が次々と報告されたのだ。

大きさは0.3~0.4mmのこのダニたちが、知らないうちに粉の中に入り込みます。粉の中にはダニの糞や死骸が・・・

その粉で作ったものを体の中に取り入れることによって、アレルギーが起こるのです。

想像しただけで吐き気がしそうですが、私たちは知らないうちにダニが大量に入ったパンケーキを食べてしまっていたのですね。

袋を密封していても防ぐのは難しい。

袋を密封していれば大丈夫だと思うかもしれませんが、ダニの体長は0.5mmほどで肉眼ではほとんど見えず、ほんの少し閉めそこなっていれば侵入されてしまいます。

1 2 3