1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

夏場もマルちゃんで乗り切れるぜ…冷しぶっかけたぬきそばが食べた過ぎる!!

夏といえばどうしてもだれてしまうものですが、ソバなどの健康にいいものを食べたいのは当然の気持ちです。しかし、熱いのはどうしてもいやなもので、そこで開発されたのがマルちゃんの冷やしぶっかけたぬきそばなのです。そばのおいしさと冷水のおいしさのマッチをしっかりと味わってほしいですね。

更新日: 2019年07月07日

2 お気に入り 3053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今年の夏も暑い

夏も本番を迎えました。近年の夏の暑さは、最高気温も高く亜熱帯にかわったかのようですね。

夜も暑さからぐっすり眠れないなど、質の良い睡眠が不足しやすくなります。睡眠がしっかりとれないと、体力も落ちて体調も崩れやすいのです。

こんなときに、少しでも快適に過ごすための食事のポイントはなんでしょう?

でも「そば」だったら?最近は健康食品としても注目を浴びているそば。栄養面からも夏に「そば」は大正解!

そばが体にいいと言われる理由のひとつが、そばに含まれる「ルチン」の効果。ルチンはポリフェノールの一種であり、赤ワインやカカオ、お茶に含まれるポリフェノールと同様に、活性酸素を除去する酸化防止作用がある。

冷たいそばでもいいらしい

なんとマルちゃんから、冷しぶっかけたぬきそばが発売されるだと!?

冷たい麺が楽しめる湯切りタイプのカップ麺「マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば」が、7月1日に東洋水産から発売されます。

今回は「緑のたぬき」の汁なし麺、しかも冷やして食べる「冷やしぶっかけたぬき」です。

「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」でお馴染みの、和風丼カップ麺シリーズより、新しい試みとして、冷たい麺が楽しめる湯切りタイプの冷しそばをコンセプトにした商品が新登場。

同製品は「赤いきつねうどん」や「緑のたぬき天そば」シリーズの新しい試みとして登場した、冷やして楽しむカップ麺。

歯切れの良い滑らかなそばに、昆布や椎茸のうま味を利かせたぶっかけタイプの和風つゆがマッチします。

具材はオニオン揚げ玉、小えび天ぷら、かまぼこ。暑い日でもツルツルと喉を通りそうです。

正しい作り方を知って、夏を乗り切ってやろう!!

4分後に湯切りをして「冷水を注いで捨てる」を3回繰り返し、冷えた麺に液体つゆをかけてかやくをのせたら出来上がりです。

冷たくコシの強い蕎麦を染み渡るかのような味わいとすすり心地の良さなんかも一緒に楽しむことができ、それによってこれからの暑い季節にもぴったりな涼しげな一杯に仕上がっているというわけです!

“マルちゃん”と言えば“和風つゆ”の美味しさに定評のあるブランド“東洋水産”でもありますから、この辺りの仕上がりには期待したいと思います!

様々な声が

鳴り物入りのマルちゃん冷しぶっかけたぬきそば、熱湯4分→湯切り→冷水3回というプロセスが若干めんどくさい。が、普通のカップそばよりも「あーそば食ってんなぁ」というコシ感があって良くも悪くも200円クオリティでアリ pic.twitter.com/4H8Bj8pr1M

今日のお昼に急いで食べたわけですよ15時近くにw 冷しぶっかけたぬきそば! スープがほぼない仕様だから麺がしっかりしてて味もいつもの以上に感じられて、カップ麺としては最高で、108円だったから大量買いして良かったと思った商品 ただ冷水で冷やす手間があるから賛否ありそう pic.twitter.com/mmSOzV3Cv2

あぁなんだ、 いつものヤツ……じゃない、だ…と……?! 赤いたぬき天うどん maruchan.co.jp/products/searc… (緑の)冷しぶっかけたぬきそば maruchan.co.jp/products/searc… 予想していたけど冷やしたぬきは作り方ちょっと面倒… pic.twitter.com/desZRDWJ86

1 2