1. まとめトップ

2019年7月輸出管理の運用見直しに対し、韓国がとるべき対応はあるか?

経済産業省は2019年7月4日から、フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の韓国向け輸出等につき、包括輸出許可制度の対象から外し、個別に許可申請を求める輸出審査を行うことが発表した。さらに韓国をホワイト国から削除することも検討しており、韓国の対応が注目されるのでまとめました。

更新日: 2019年07月13日

2 お気に入り 12749 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

韓国経済制裁が始まりましたが、韓国のとるべき対応って何でしょうか?

kitano_kumaoさん

2019年7月より大韓民国向け輸出管理の運用の見直し

1.大韓民国に関する輸出管理上のカテゴリーの見直し
本日(7月1日)より、大韓民国に関する輸出管理上のカテゴリーを見直すため、外為法輸出貿易管理令別表第3の国(いわゆる「ホワイト国」)から大韓民国を削除するための政令改正について意見募集手続きを開始します。

2.特定品目の包括輸出許可から個別輸出許可への切り替え
7月4日より、フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の大韓民国向け輸出及びこれらに関連する製造技術の移転(製造設備の輸出に伴うものも含む)について、包括輸出許可制度の対象から外し、個別に輸出許可申請を求め、輸出審査を行うこととします。

日本政府はなぜ輸出管理の運用を見直すことにしたのか

①韓国側の輸出管理(キャッチオール規制)が不十分
②今回輸出許可が必要となった製品につき、韓国に関連する輸出管理を巡り不適切な事案が発生
③今年に入り両国間の友好協力関係に反する韓国側の否定的な動きが相次ぐ
④経緯①〜③を勘案した結果、韓国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難

経緯① 従来から韓国側の輸出管理(キャッチオール規制)に不十分な点があり、不適切事案も複数発生していたが、日韓の意見交換を通して韓国が制度の改善に取り組み制度を適切に運用していくとの信頼があったが、近年は日本からの申し入れにもかかわらず、十分な意見交換の機会がなくなっていた。

経緯② また近時、今回輸出許可を求めることにした製品分野で韓国に関連する輸出管理を巡り不適切な事案が発生している。

経緯③ さらに今年に入ってこれまで両国間で積み重ねてきた友好協力関係に反する韓国側の否定的な動きが相次ぎ、その上で、旧朝鮮半島出身労働者問題については、G20までに満足する解決策が示されず、関係省庁で相談した結果、信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない。

経緯④ 輸出管理制度は、国際的な信頼関係を土台として構築されているものであり、経緯①〜③を勘案した結果、韓国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっていると判断し、厳格な制度の運用を行い、万全を期すこととた。

誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」④ 世耕弘成経済産業相の説明。 (1)輸出管理での意見交換に韓国が応じていないこと (2)輸出管理に関する不適切な事案が発生していること (3)元徴用工問題などで信頼関係が損なわれたこと pic.twitter.com/AaR4h0zB9A

上記のように整理した意見も

輸出管理の運用見直しに対し、韓国がとるべき対応は?

以下3つ種別でまとめてみました。
種別1 反省 日本による輸出管理の運用見直しの原因を整理し、適切に反省する場合
種別2 対抗 日本による輸出管理の運用見直しを都合よく曲解して、対抗措置を打つ場合
種別3 迷走 日本による輸出管理の運用見直しの奥深さに怯え、おかしな措置に走る場合

種別1 反省:なぜ優遇措置撤回されたかを整理し、適切に反省する

適切なマスコミ記事ないんですよね。

@Che_SYoung 対応策は 「韓国政府が日本政府に何をすれば、優遇を戻してくれるかを問い、日本政府の意向通りに履行する」 というもの。韓国政府としてはしたくない事をする事になるが、それでも日韓関係は改善する。韓国国民にそれを高く評価する見識がないので無理だろうけど…。

@takashinagao 特にフッ化水素はウラン濃縮に使われる安全保障上重要なもの それを韓国は北朝鮮に横流しした。イランにも流れていっているだろう 今までホワイト国の韓国へは管理せず輸出していた事を反省し これからは輸出管理すると言う事。しごく真っ当な処置だ。

新聞、TVの報道がどのように伝えるのか、、、 もっと関係悪化し、自国がしてきたことを反省して下さい。 韓国へ輸出管理の強化「対抗措置ではない」 : 経済 : 読売新聞オンライン yomiuri.co.jp/economy/201907…

韓国メディア「G20終えてすぐ刀抜いた」、日本が韓国向け輸出の管理厳格化、企業からは「ファーウェイ制裁超える台風」の声・・・忙しい日本に槍を突き付けたのは韓。自国の所業を反省すべし。 news.nifty.com/article/world/…

種別2 対抗:日本の措置に対し都合よく曲解し、対抗措置を打つ

WTOへの提訴

「提訴したらいいと思いますよ。輸出を禁止したわけではなく、優遇をやめて他の国と同じ扱いにするというだけで、これは各国の裁量の範囲内です。韓国への優遇は2004年から始まっていて、それ以前の状態に戻すだけで、違反になるとは考えられません」

そもそも日本は2004年まで韓国を非ホワイト国としてきました。日本から見て安全保障上の輸出管理体制が不十分と判断されていたからです。今回の措置は2004年以前の手続きに戻すだけ。 韓国政府は今回の措置に対しWTO提訴検討と言っているが、では2004年以前にはなぜ提訴しなかったのか?

アメリカに言いつける

日韓が対立する時、韓国のメディアは必ず「米国に日本を諫めてもらおう」と言い出す。

ちょうど今、米国が中国製品に対する関税引き上げを通じ、中国を屈服させようとしている。そんな時、「日本のWTO違反」を言いたてても、米国が話を聞いてくれるわけもない。

もう1つは、韓国が米国からレッド・チーム――敵方と見なされ始めたことだ。4月11日にワシントンで開いた米韓首脳会談は実質2分間で終わった

戦略物資の対日輸出制限

1 2