1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

イッテQ「お祭り男企画」にBPOが放送倫理違反!他19件もヤラセ指摘で様々な声

日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』の「宮川大輔の世界のお祭りシリーズ」のヤラセ問題でBPO(放送倫理・番組向上機構)が放送倫理違反を発表。「橋祭りinラオス」、「タイ・カリフラワー祭り」以外の宮川大輔お祭り男企画19件にも、虚偽ナレーションなど過剰演出を指摘した。

更新日: 2019年07月06日

9 お気に入り 42502 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●日テレの看板バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』

『謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!』は、日本テレビ系列で2007年2月4日から毎週日曜日 19:58 - 20:54(JST)に放送されているバラエティ番組・紀行番組である。

●名物企画「宮川大輔の世界のお祭りシリーズ」

●昨年発覚した、宮川大輔お祭り男コーナーのヤラセ騒動

イッテQの「橋祭りやらせ疑惑」の件、演出で少し盛ってるだけかと思ったら「そもそも橋祭りなんてなかった」とか「別の祭りの隣で勝手にやっただけ」とか完全にアウトな感じで、さらに「ラオス政府が正式に抗議してきて国際問題に発展しそう」とか相当ヤバい状況になってきてるなコレ pic.twitter.com/SZQk9xQ6hT

問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。

ラオス政府関係者は8日、バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で、「橋祭り」と紹介されたイベントについて、「ラオスの祭りでも文化でもない」と強く否定

【週刊文春報道】『イッテQ!』タイ・カリフラワー祭りも“でっち上げ”か news.livedoor.com/article/detail… 日テレは取材に対し「コーディネート会社が実質的な主催者となり、イベント開催したケースがあった」と謝罪した。 pic.twitter.com/RvEymSzrBm

11月15日発売の『女性セブン』(小学館)でも、過去に放送された16の「祭り企画」を徹底検証しており、うち11の祭りの存在が確認できなかったと報じている

●“ヤラセ騒動”発覚後、宮川大輔が涙ながらに謝罪した

レギュラー出演中の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“ヤラセ疑惑”発覚後、初めて公の場に姿を見せた。

“涙目”になった宮川は「僕は信じています」と番組愛をにじませ、最後に「降板はある?」と声をかけられると「頑張ります」と返して、会場を後にした。

●日本テレビが謝罪、祭り企画休止を発表

日テレ側は週刊文春のでっちあげ報道を否定した1週間後、大久保好男社長が会見し、同企画の休止を発表。

「祭り企画」で実際にはない祭りをでっち上げた疑いがあると週刊文春が報じた問題について、番組冒頭、1分14秒にわたって謝罪テロップを表示した。

●BPOが『イッテQ』の祭り企画を放送倫理違反認定

BPO放送倫理検証委員会、日本テレビ『謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!』2つの「祭り企画」に関する... prtimes.jp/main/html/rd/p… pic.twitter.com/yCdrvadg7G

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の放送内容にでっち上げの疑いがあるとして審議してきた放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は5日の記者会見で、「放送倫理違反があったと言わざるを得ないと判断した」と発表した。

2つの祭り以外にも、初開催だったのに「年に1度」と説明したものなど19件の祭りに関し、問題点を指摘した。

「『イッテQ!』という番組の意欲的なバラエティー作りの姿勢と比べて、残念な演出と言うほかなく、緻密な設計と計算が足りなかったことは否めない」との見解をまとめた。

●日本テレビがBPOの審議結果にコメント

日本テレビは5日、「本日のBPOの意見を真摯に受け止め、今後の番組制作にいかしてまいります」とのコメントを発表した。

『祭り企画』については、自信を持ってお伝えできる態勢が整い次第、再開したいと思っております」とした。

1 2