1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

被害も…米・カリフォルニア州で「M6.4の地震」が発生

今後の地震活動に警戒が必要ですね。

更新日: 2019年07月05日

7 お気に入り 15537 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■米・カリフォルニア州でM6.4の地震が発生

【海外地震】アメリカでM6.4 日本時間の7月5日(金)2時33分頃、米カリフォルニア州中部で地震がありました。震源はロサンゼルスの北約200km・ラスベガスの西200km付近で、地震の規模はM6.4と推定されます。震源周辺では最大で震度6前後の強い揺れが襲ったものとみられます。 weathernews.jp/s/topics/20190… pic.twitter.com/tgudt18A1r

米カリフォルニア州南部サンバーナーディーノ郡の砂漠地帯で4日午前10時33分(日本時間5日午前2時33分)ごろ、M6.4の地震が発生した。

■詳細

同州を襲った地震としては25年ぶりの大きさ

震源はロサンゼルス中心部から北北東へ約250キロ離れたモハベ砂漠のサールズバレー付近で、震源の深さは約10km。

米地質調査所(USGS)によると、カリフォルニア州南部を襲う地震としては1994年以来25年ぶりの大きさという。

■各地の様子

WATCH: Video shows pool in Oxnard, California, during 6.4-magnitude earthquake. Latest: nbcnews.to/2NHHf6O (Video from Brian Fukutomi) pic.twitter.com/DDn1y0a02f

震央周辺では震度6前後の強い揺れが襲ったものとみられ、ロサンゼルス周辺でも、震度3程度の揺れが感じられた模様。

現地の住人は「家から外に出ようとしてパニックになった。キャビネットや棚の物が全部落ちてきて、ミサイルのように飛び交った」と話す。

被害も出ている

震源の南西にある人口約2万8000人のリッジクレスト市では、道路や建物、水道管などに被害が出たほか、複数の火災や停電が発生。

■カリフォルニア州付近は地震多発地帯

約1300キロにわたって続く「サンアンドレアス断層」が存在

カリフォルニア州付近には、太平洋プレートと北アメリカプレートの境界にあたる「サンアンドレアス断層」がある。

同州南部~西部にかけて約800マイル(約1,300km)にわたって続く、トランスフォーム断層と呼ばれる横ずれ状の断層。

過去には巨大地震が何度も発生

また、大地震も何度も発生しており、1906年には約3千人の死者を出した「サンフランシスコ地震(M7.8)」が発生している。

現在、特に断層南部で歪みが蓄積されており、近い将来にM7.0以上の大規模な地震を引き起こす可能性があると危惧されている。

■今回の地震について

「横ずれ断層地震」

1 2